Google輸出を知り、Amazon輸出を知れば百戦危うからず

Amazon輸出はeBay輸出とライバル視されることが多いビジネスです。

輸出には5つのビジネスモデルがあります。

Amazon輸出、eBay輸出、ネットショップ輸出、Facebook輸出、そしてGoogle輸出です。

どのビジネスモデルも、輸出ビジネスの基本は変わりません。

それぞれのプラットフォーム、つまり「売る場所」、「仕組み」が異なるだけです。

Amazon輸出ならAmazonで売る。
eBay輸出はeBayで売る。
そしてGoogle輸出はGoogleのシステムを利用して売ることになります。

Amazon輸出で継続的に売上を上げたいなら、Amazon輸出のビジネスについての熟知ももちろんですが、他の輸出ビジネスについても精通しておく必要があります。

eBay輸出は実践されている人も多く、書籍、セミナー、情報商材などが沢山ありますので、eBay輸出をマスターする事は難しくありません。

先日紹介しました、海外では盛んに行なわれているSNSを利用したFacebook輸出。

そして、サーバーを利用して開設する独自のネットショップ輸出ビジネスなど、Amazon輸出で継続的に売上げを上げたいと考えるなら、ライバルとなる他の輸出モデルについても把握しておく必要があります。

特にグーグル ショッピング エクスプレスは、GoogleがAmazonプライムを意識して、対抗するために作られた新しいサービスです。

「敵を知り、己を知れば、百戦危うからず」

Amazon輸出の最大の脅威となりうるサービスだからこそ、その長所や欠点を含めて、徹底的に知り尽くす必要があります。