Google輸出かAmazon輸出か、勝つのはどっちだ?

Amazon輸出の脅威となりうるGoogle輸出。

前回は、eBay輸出を含めた「Google輸出」と「eBay輸出」と「Amazon輸出」の3つのサービスについて比較しました。

eBayはオークションサイトのため、GoogleやAmazonとは交わらない部分が多いサービス内容です。

したがって、Google輸出とAmazon輸出との一騎打ちになることが予想されます。

では、いったい勝つのはどっちなのでしょうか?

Google輸出かAmazon輸出か、どっちが勝つかを考える前に忘れてはいけない重要なことがあります。

それは、「物販では、顧客リストを集められるかが勝負を決める」ということです。

Amazon輸出では顧客リストを集められないと言われています。

しかし、Amazon輸出で顧客リストを集める方法は、ここでも何度か紹介してきました。

また、Amazon輸出の音声セミナーでも顧客リストの集め方を詳しく紹介しています。

Google輸出はまだ始まっていないのですから、顧客リストを集められるかどうかは今のところ分かりません。

要するに、Google輸出で顧客リストを集めることができなければこの勝負は「Amazon輸出の勝ち」。

集めることができれば、世界のネットショップは「GoogleとAmazonの2大勢力で占拠される」ということになります。

eBayは基本的にオークションサイトなので、GoogleやAmazonにはない、独自の文化を築いていくことでしょう。

eBayでも顧客リストを集める方法があるため、GoogleショップやAmazonに対抗する事ができます。

ただしそれも、「GoogleやAmazonがオークションサイトを始めない限りは」という条件付きです。