no

eBay輸出の著者が本に書けなかったノウハウとは?


「無在庫eBay輸出について書きたかったが、出版社が許可しなかった」

eBay輸出の著名な本を出版している人との会話です。

■先日、eBay輸出の著名な本を出版している人とお話をする機会がありました。
新しい発見もあった本でしたが、「核心部分は隠しているのでは?」と思い、直接聞いてみました。

核心部分とは、つまり「無在庫eBay輸出」についてです。

その著者は、「無在庫eBay輸出について書きたかったが、出版社が許可しなかった」と言っていました。

確かに、本を出版する際はいろいろと決まり事があり、書けないことも多いです。
そして、書けないことにこそ、稼げるノウハウが隠されているということがよくあります。

■eBay輸出は物販です。
通常は、ブックオフなどで仕入れて、ヤフオクやアマゾンで販売します。
できるだけ利益の高いものを、できるだけたくさん仕入れることが、eBay輸出で大きく稼ぐコツですね。

そして、eBay輸出の利益率は25?35%くらいです。利益率30%とすると、月に30万円の収益を上げるためには、在庫を100万円分持っていないと成り立たないわけです。
実際に、在庫を100万円分持っていても、全てが1ヶ月以内に売れるわけではないですね。

100万円分の80%が売れたとして、月商80万円です。利益率が30%なら、24万円になります。
通信費、交通費などを差し引くと、手元に残るのは20万円、ということになります。

■一方、無在庫eBay輸出は、仕入れに使うお金は0円です。
在庫を保管する場所も必要ありません。

商品を出品する場合も、理論上は無制限に出品できます(在庫型のeBay輸出は、在庫分しか出品できません)。

比較すれば、無在庫eBay輸出のほうがビジネスとして簡単で儲かるのですが、なぜか実践している人はごく少数派です。

その理由は、「無在庫eBay輸出の成功法則」を、あなたは知らされていないからですね。

■書籍を読んだ人は、「このとおりにやれば稼げるんだ!」と思い込んでせっせと仕入れをしていますが、実際に稼いでいるやり方とは程遠いものとなってしまっているようです。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。