no

英語が苦手な日本人のeBay攻略法-2/2


(写真よりさらによい方法とは? 前回からの続き)

■そして、
eBayの商品説明で写真よりさらにいいのは
「動画」
を利用する方法です。
現在、動画を撮影するのは、
携帯1本で誰でもできます。

写真を30枚掲載するより、
動画のほうが商品の状態を伝えやすく、
落札者も安心します。

例えばあなたが結婚相手を
ネットで見つけなければならなくなったと仮定しましょう。

写真30枚の相手と、動画で動く姿や声を確認できた相手、
どちらを選ぶでしょうか?

動画の相手に決まっています。
なので、動画を撮影できるケータイがあるなら、
eBayの商品説明は動画でしましょう。

商品を説明する自分の声を一緒に吹きこんでおくのも効果的です。
この場合、バリバリの日本語で堂々と説明しましょうw

商品は動画が説明してくれます。
音声は日本語のほうが、落札者の印象に残ります。

■写真は撮影した後、
1枚1枚編集する必要があります(必要ない場合もあります)。
これは、意外と面倒な作業です。
画像編集ソフトに慣れていなかったり、
非力なパソコンを使っている場合は、
時間がかかります。

その点、
動画は編集する時間が写真より少なくてすみます。

「そんなことないだろ。動画のほうが編集するのに時間がかかるはずだ」
と思うかもしれませんが、これは自分でやってみるとわかります。

動画を撮影した後、余分な前後の動画を切るだけでいいんです。

慣れてくると、前後を切らないで、
つまり編集作業が必要ないように撮影できるようになります。

写真より、
動画のほうが編集時間はとても少なくてOKなんですよ。

■さらに動画のいい点は、
「その動画をYouTubeにアップして、集客できる」という点です。

手順は、
(1) 携帯などで商品の動画を撮影する
(2) その動画をYouTubeにアップする
(3) YouTubeでは、検索されやすいキーワードを埋め込む
(4) YouTubeの中に、eBayの出品URLを貼り付ける
(5) YouTubeのURLをeBayにも貼り付ける

これだけで、eBayの商品説明に動画を掲載でき、
YouTubeからの集客も見込めます。

また、動画は写真と比較して、
コピーされにくいという利点もあります。

*将来的に、eBayの本文に動画を埋め込むことが出来なくなるかもしれませんが、動画の説明は時代の流れなので、むしろeBayも動画を積極的に取り入れるようになるはずです。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。