「Amazon輸出」の記事一覧

中国を恐れていては世界進出は不可能だって!?

「中国を恐れていては世界進出は不可能」という記事があります。 なぜ日本人が中国進出を恐れているのか、その理由として「パクられる」、「中国人は信用できない」、「販売店の要求が厳しすぎる」などを挙げています。 日本でも、Am …

ペイオニアから届いたクリスマスプレゼントとは?

いまは次世代テクノロジーのカンブリア大爆発の前夜 ▼ペイオニア 日本に本格参入 ペイオニアが、日本に本格参入したというニュースがあります。 Amazon輸出をしている人なら、ペイオニアはなくてはならない存在ですが、一般の …

ヤフオク フリマ ツールを作って大儲けする方法を大公開!(3) ドローン転売編

ドローンとは、こんな感じの空飛ぶ機械です。2016年頃から、ドローンをホビー・趣味として楽しむ人が増え、ドローン専門のスクールや、ドローンの資格などについても検討され始めています。 ドローンには2種類あることは先日ご説明 …

ヤフオク フリマ ツールを作って大儲けする方法を大公開!(2) 中古カメラ転売編

  日本は中古カメラ転売天国! 前回までは、ヤフオクフリマツールを作ってでっかく儲ける具体的な流れについて解説しました。この情報を元に、今年の夏頃から、ヤフオクフリマツールが公開され始めるはずです。 今回はさら …

ヤフオク フリマ ツールを作って大儲けする方法を大公開!(1) ツール製作編

ヤフオクのフリマ本格参入のニュースを聞いて、盛り上がっているのはどうやら私ひとりだけのようですw。メルカリが登場してその後数年間は「メルカリツール」がブームだったように、ヤフオクのフリマ本格参入で、今年の夏ごろから「ヤフ …

海外発送会社との業務提携が危ない理由とは?

ネット輸出入塾と海外発送代行会社の提携はなぜ「便利」だと勘違いされてしまうのか? ネット輸出入塾やツールと海外発送会社が提携しているのを、便利だと思ったことはありませんか? 例えば、Amazon日本とAmazonアメリカ …

Amazon輸出のパイオニアを名乗れるのは残り3名様のみ!

Amazonインドでトラブル続き? 国旗のマットにガンジーのサンダル Amazonインドで出品されているインド国旗マットが消費者の激しい反発に遭い、インドの外相までが苦言を呈する事態にまでなっています(^^ゞ この「イン …

Amazonインドで成功したければ江戸川区西葛西に行け!

■インドのEC市場、世界2位に 34年までに米国上回り中国に肉薄 ■Amazon Launches P2P Test In India Amazonインドは世紀の大チャンス! 今すぐ進出のきっかけをつかめ Amazon輸 …

人工知能にAmazon関連の記事を書いてもらったら衝撃の結果が!

Amazonが、地下トンネルシステム特許取得というニュースが話題になっています。特許内容によると、地下に建設した真空チューブやコンベアベルトでAmazonの配送センターと利用者の家を結んで配送するシステムだそうです。 ※ …

Amazonドバイ/Amazon中東の最新情報

■米アマゾン、価格折り合わずドバイのスーク買収交渉打ち切り-関係者 Amazonドバイ / Amazon中東が誕生間近という話題は先日ご案内しましたが、少し難航しているようです。 というのも、Amazonが買収を持ちかけ …

アマゾンが多数のドローンが合体する「メガドローン」特許を取得

  「ドローンは、あらゆる意味で世界を変える」。そして、ドローンを制するものが次の世界を制する可能性が極めて高い。多くの企業がドローンを前提にしたビジネスに舵を切り、新たな産業・サービスが生まれる。そして対応で …

Amazonスタートアップ企業支援「Amazon Launchpad」で人気の商品は数ヶ月前にスタートアップ起業塾で紹介したものばかり

Amazonスタートアップ企業支援「Amazon Launchpad」が話題になっています。「Amazon Launchpad」は、斬新なアイデアを元に製品化された商品を紹介する、Amazonの特設サイトのことです。 ■ …

AmazonFBA利用者35%以上増 Amazon米国 日本人セラー40%以上増

Amazon米国のFBA利用者数について、興味深い数値がありました。 要約しますと… 日本人セラーのFBA利用者が前年比35%以上増 Amazon米国へ出品する日本人セラー数が前年比40%以上増 世界のFBA利用者数が前 …

Amazon vs LAZADA 東南アジアで激突!

Amazonがインドネシアとシンガポールへの進出を発表してから、にわかに東南アジアのEC業界がざわつき始めています。いま転売ヤーが最も注目しているのが、東南アジアのEC業界でしょう。私もフィリピンにいて、世界中のせどり・ …