no

Amazon輸出 FBAの欠点を解消する新サービス


Amazon輸出とAmazon輸出FBA

Amazon輸出というのは、主にアメリカのAmazonを利用して輸出しよう、というものです。

昨年末から問い合わせが多く、今年に入ってもその人気ぶりは衰えるどころかますます高まっています。

」は、あなたの商品をAmazonの倉庫に預けて、Amazonで売れたらAmazonのスタッフが発送を代行してくれるという便利サービスです。

FBA」とはつまり、米国AmazonでAmazon輸出をする際に、米国AmazonのFBAを利用する、というものです。

Amazon輸出 FBAのメリットとデメリット

Amazon輸出 FBAには、いったんFBAに預けてしまえば商品をいちいち発送しなくて良い、日本から発送するよりも購入者の手元にすぐ届くので顧客満足度が高い、などがメリットがあります。

しかし米国Amazon FBAを利用する際は、日本から米国AmazonのFBA倉庫宛に商品を送る必要があります。
途中で関税がかかったり、商品が破損してしまった場合、米国AmazonのFBA倉庫で受け取りを拒否されるなどの問題が起こることもあります。

このデメリットについては、アメリカのビジネスパートナーに日本からの荷物を一旦受け取ってもらい、関税の支払や検品などしてもらってから米国AmazonのFBA倉庫に送ってもらう、などの解決策が取られます。

しかし、現地のビジネスパートナーが必要になり、手数料が発生したり、本当に信頼出来るパートナーなのかという問題も発生します。

特に、現地の知り合い、友人、親戚などに頼む場合は、相手がビジネスとしてしっかり作業してくれるのかというトラブルが、後々出てくると思います。

たとえば、送った商品が米国Amazon FBAに反映されなかった時、どこに問題があるのかがわかりにくく、本当は責任のない米国のビジネスパートナーと喧嘩になる、などです。

Amazon輸出 FBAの欠点を解消する新サービス登場

そして、これらのデメリットを解消するサービスが少しずつ現れ始めました。

アメリカ・アマゾン&オークション AAA
http://americaamazon.blog.fc2.com/
アメリカアマゾンへのFBA発送で、アメリカ側の受け取りをします

Fulfillment by Professional
http://www.fulfillmentbyprofessional.com/

どちらも、Amazon輸出でFBAを利用したいけれど、現地のビジネスパートナーが見つからない、という場合に役立つと思います。

期待の新サービス 利用は慎重に…

ただ、利用する際は少し注意が必要です。

  1. どちらのサイトも、ホームページの作りがちょっと心細いw
  2. 海外転送サービスには、個人情報を入力させるだけが目的だったり、商品を受け取ったあと連絡が取れなくなるサイト(詐欺サイト)もある

Amazon輸出が今後のせどりの一分野になっていくに伴って、Amazon輸出 FBA転送・代行サービスも続々と立ち上がっていくと思います。

しかし、利用には注意が必要です。

MyUS.comやスピアネットなどの個人輸入・転送サービスで長年の実績があるならある程度安心なのですが、Amazon輸出 FBA代行の場合は、そういったサイトを見つけることが今のところできないです。

サイトのデザインが心細い場合は避けたほうがいいですが、立派なデザインだから信用できる、というものでもないです。

目安としては、

  1. サイトデザイン
  2. 長年の運営実績(ドメイン取得年月日を確認する等)
  3. 特定商取引法表記の内容

などがありますが、あくまでも目安で、決定打にはなりません。

まずは、FBAを利用しない通常の販売とFBAを併用しながら様子を見る、などが良いと思います。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。