Amazonにログインします。

Amazon輸出でFBA在庫を返送依頼する手順


Amazon輸出でFBAを利用していると、在庫が溜まってしまうことがあります。また、FBA在庫を一度送り返してもらい、内容を確認したいと思うこともよくあります。例えば「あの商品は付属品が付いていたかな?」とか、「外箱は汚れていなかったかな?」など、手元に戻して確認したくなることがよくあります。

FBAを利用したことのないセラーの中には、「一度納めたFBA在庫は二度と送り返してもらえないのではないか?」と思っている人もいるようです。そんなことはありませんw。Amazonの管理画面から返送依頼すれば、いつでも簡単に送り返してもらうことができます。

では、Amazon輸出のFBA在庫の返送依頼の手順についてご説明していきましょう。なお、FBAの在庫は、返送依頼オプションの他に、破棄してもらうなどの方法もあります。返送依頼には送料が必要ですが、その在庫を破棄することが決まっているなら、返送せずにAmazonのFBA倉庫スタッフに破棄してもらった方が時間も送料も節約できます。

ここではFBA在庫を破棄する方法ではなく、返送依頼の手順についてご説明していきますが、破棄する手順もほとんど一緒ですから、簡単に応用できると思います。

なお、FBA在庫の返送や破棄依頼の手順にはいくつかありますが、今回は代表的な「返送/所有権の放棄依頼ファイルで依頼を作成する」方法をご説明していきます。この方法であれば複数の在庫を一括で処理できますし、放棄依頼などの他の手順に応用することも簡単にできるようになるでしょう。

さて、FBA在庫の返送依頼の具体的な手順ですが、少し複雑かもしれません。特にメニューや説明画面が英語だと、わかりにくいでしょう。

実を言うと、Amazon日本もAmazon米国も、FBA在庫の返送依頼の手順は全く同じです。ですからここでは、Amazon日本の管理画面を確認しながら、返送依頼の手順をご説明していきます。メニューや説明文が全て日本語なので、理解しやすいはずです。そしてこの資料を基にAmazon米国等の管理画面と比較して進めていけば、Amazon輸出でのFBA在庫の返送依頼も問題なく進めることができます。

Amazonにログインします。■ Amazonにログインします。

 

「在庫」タブの「FBA在庫管理」を選択します。■ 「」タブの「FBA在庫管理」を選択します。

 

ここのプルダウンメニューから、「返送/所有者の破棄依頼を新規作成」を選択し、「GO」ボタンを押します。■ ここのプルダウンメニューから、「返送/所有者の破棄依頼を新規作成」を選択し、「GO」ボタンを押します。

 

ここで、「ファイルをアップロードする」をクリックします。■ ここで、「ファイルをアップロードする」をクリックします。

 

「テンプレートをダウンロード」をクリックします。■ 「テンプレートをダウンロード」をクリックします。

 

「テンプレートをダウンロード」をクリックすると、パソコンにファイルがダウンロードされます。それをクリックすると、自動的にエクセルが立ち上がります。■ 「テンプレートをダウンロード」をクリックすると、パソコンにファイルがダウンロードされます。それをクリックすると、自動的にエクセルが立ち上がります。

 

これが、ダウンロードしたファイルをエクセルで開いたところです。ここで私が詳しくご説明するよりも、直接エクセルの中身を確認していただいた方がわかりやすいでしょう。■ これが、ダウンロードしたファイルをエクセルで開いたところです。ここで私が詳しくご説明するよりも、直接エクセルの中身を確認していただいた方がわかりやすいでしょう。

 

こちらが、「返送/所有権の放棄依頼ファイル」のサンプルです。このサンプルを元に、次の実際のファイルの各項目を入力していきます。■ こちらが、「返送/所有権の放棄依頼ファイル」のサンプルです。このサンプルを元に、次の実際のファイルの各項目を入力していきます。

 

こちらが、実際の「返送/所有権の放棄依頼ファイル」の入力フォーマットです。先ほどのサンプルを参考に、各項目を入力していってください。■ こちらが、実際の「返送/所有権の放棄依頼ファイル」の入力フォーマットです。先ほどのサンプルを参考に、各項目を入力していってください。

ここで重要な点は、「返送先の受取人を誰にするか」です。

日本人セラーなら、Amazon輸出のFBA在庫は日本国内の住所を記入して日本に送り返してもらうことになると思います。しかし、出品しているAmazonの国によっては「日本に返送できない」としているところもあります。現在できたとしても、将来的にできなくなることもあるでしょう。

そのような場合は、現地でFBA在庫を受け取ってくれる代行サービス等を利用することになります。そのようなサービスを利用する場合は、受取人の欄に代行サービスの名前や住所等を入力することになります。

「返送/所有権の放棄依頼ファイル」が入力できたら、それを「テキスト形式」で保存します。ここが少しつまずきやすいところかもしれません。 ファイル名は適当につけて大丈夫ですが、英数字にした方がいいでしょう。日本語のファイル名だと、Amazon側で受け付けてもらえないかもしれません。 「返送/所有権の放棄依頼ファイル」が入力できたら、それを「テキスト形式」で保存します。ここが少しつまずきやすいところかもしれません。
■ファイル名は適当につけて大丈夫ですが、英数字にした方がいいでしょう。日本語のファイル名だと、Amazon側で受け付けてもらえないかもしれません。

 

先ほどテンプレートをダウンロードした画面に戻って、今度は保存したファイルを「ファイル選択」で選択し、「今すぐアップロード」ボタンを押します。■ 先ほどテンプレートをダウンロードした画面に戻って、今度は保存したファイルを「ファイル選択」で選択し、「今すぐアップロード」ボタンを押します。

 

今回は代表的な「返送/所有権の放棄依頼ファイルで依頼を作成する」方法をご説明しました。FBA在庫の返送や破棄依頼の手順にはいくつかありますが、今回の流れがわかれば、他の方法にも簡単に応用できると思います。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。