no

Amazonゲーム買取サービス開始

Amazonゲーム買取サービス開始

このニュースが流れる1週間ほど前、「Amazonでゲームを販売したいのですが、具体的な手順を教えてくれませんか?」という相談がありました。

「ゲームはすでにダウンロードして遊ぶ時代に突入しています。今からゲーム販売は止めたほうがいいでしょう。それよりも今後は●●や**の方がお勧めです。どうしてもゲーム販売をしたいなら、5万円が限界と覚悟して下さい。それ以上の利益を目指すと大量の在庫を抱え込むことになり、危険です」と回答しました。

※『Amazonでゲームを販売 ライバルが知らない稼げる裏技とは?

Amazonゲーム買取サービス開始がせどりに及ぼす影響について、ネット上でちょっとした騒ぎになっています。

Amazonがゲーム買取サービスを開始したことは、確かにゲームせどらーにとっては大きなニュースだと思います。

そして今後はゲーム以外の古本、、CD、DVDなどもAmazonの買取対象になっていくはずです。

Amazonのメディア類買取サービスがせどりにプラスになるのかマイナスになるのか、まだわからない部分がありますが、どちらにしてもメディア販売への影響は今後大きくなっていくと思います。

「Amazonでゲームを販売」はすでに終わったビジネス

スマホショックの真っ只中で赤字に転落した任天堂
“スマホショック”の真っ只中で赤字に転落した任天堂

大前研一「任天堂はWii Uを出しても黒字化は無理。スマホ事業に力を入れろ

※『ゲーム販売は要注意!スク・エニとGoogleがゲーム開発

興味深いのは、ネット上での論調です。

つまり、「Amazonがゲーム買取サービスを開始したことで、”ゲーム販売は終わった!”と悲観している人がいるが、そんなことはない。アイディア次第でAmazonでのゲーム販売は今後も稼げる!」と主張する人が、少なからずいることです。

そしてそれは中級者以上のせどらーに多いように感じます。

Amazonがゲーム買取サービスを始めるよりはるか前に、ゲーム販売はすでに終わっているビジネスです。

ゲームを含めたメディア販売が今後うまく行かなくなることは、誰が考えてもわかることなのですが、ネット上では「ゲーム販売は終わったのか終わってないのか、もう一度よく考えてみよう!」という論調になっています。

メディア以外の稼げるジャンルはいくらでもある

Amazonでのゲーム販売に限らず、どのようなビジネスにも、撤退のタイミングを逃してズルズル、ということはよくあります。

ネットの記事を見て「ゲーム販売はまだまだいける!」と信じてしまう初心者が心配です。

愚者は「オレがやれば儲かる」と考える。
賢者は「誰でも儲かるビジネス」に参入する。

ゲーム以外の稼げるジャンルをさっさと探して、Amazonでのゲーム販売からは一秒でも早く撤退しましょう。

*「ゲーム以外の稼げるジャンル」等は毎月の音声セミナー、会員メール相談にて詳しくご説明しています。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。