Amazon輸入で稼ぐ最新ノウハウ

Amazon輸入で稼ぐ最新ノウハウ■ Amazon輸入で稼ぐ最新ノウハウ

■Amazon輸入とは、日本以外の海外Amazonから輸入し、日本のどこかで販売するという方法です。

ブックオフなどの店頭仕入れと比較して、荷物は自宅に届きますから、Amazon輸入は肉体的、時間的にもラクな分野です。

■輸入は主にアメリカのAmazonがメインです。
ヨーロッパ各国から輸入することもありますが、10件に1件くらいの割合になります。

最近では環境の整ったAmazon中国から輸入する方法もありますね。

必要になるスキルには、、「Amazon輸入ノウハウ」と「販売ノウハウ」の2つあります。

この2つについてそれぞれ詳しく説明していきます。

■Amazon輸入ノウハウ
Amazonから輸入して日本で販売します。

海外のAmazonで何を仕入れるかですが、一般的には「日本で販売したときに利益が出るもの」になります。

そしてその利益が出るものの調べ方は、
(1)利益計算表をExcelで作っておく
(2)アメリカと日本Amazonの価格やランキングをExcelに入力
(3)利益が出るものを仕入れる
この3つの流れになります。

毎日コツコツと両サイトの価格等を比較していると、ライバルが知らない商品サーチ方法を見つけることができるようになります。

例えばアメリカAmazonでは定価の90%オフセールが頻繁に行われているので、それに集中してサーチしたり、あなただけしか知らない「バルク品」など穴場キーワード見つけることもできるようになります。

■販売ノウハウ
海外Amazonから輸入したものは、どこで販売したらいいか?ということになりますが、現状ではヤフオクか日本のAmazonのどちらかになります。

この場合、日本のAmazonで販売してしまうと、月収は100万円にはなりませんw
Amazon輸入で月収100万円を得たいなら、Amazonではなくヤフオクで売る必要があります。
(ネットショップで売ると更に儲かるのですが、ここでは割愛します)

ヤフオクは顧客リストを集めることができますが、Amazonではそれができないからです。

Amazonで顧客リストを集めようと行動することは出来ますが、それがバレた時点でアカウント停止・閉鎖になります。

仕入れたものはヤフオクで売る、これがAmazon輸入で月収100万円の最低条件です。

■そして、Amazon輸入で月収100万円を得たいなら、在庫を保管するスペースと自分以外のスタッフが必要になります。

ネット輸入の書籍を大ヒットさせたある方から直接聞いた話しですが、在庫は6畳程度のスペースで十分だったそうです。

スタッフは近所の主婦に「1箱の作業で300円」でお願いして乗り越えたと言っていました。

これらを踏まえて、Amazon輸入でまず月収20万円を目指してみてはいかがでしょうか?

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。