Amazon輸出 穴場中の穴場「AmazonカナダFBA」を攻略せよ!

実は最近、ある場所で売上が急増しているという報告をいただくようになりました。

それは「AmazonカナダのFBA」です。

Amazonカナダといえば、Amazonの中でもいまいち注目を集めていないサイトです。
世界に広がるAmazonの中で、最も影の薄い存在と言っていいかも知れません(笑)

しかもそのFBAで売上が上がっているとうことです。
これはどういうことでしょうか?理由は2つあります。

1つは、Amazon米国を経験したことのあるセラーなら、Amazonカナダの攻略はとても簡単というです。

登録方法、出品、管理、顧客対応はもちろん、VAT、関税、税務インタビュー、銀行口座、送料などの考え方も、Amazon米国と一緒です。

これがAmazon欧州となると、米国とはことごとく逆です。
特に欧州の税務関係、会社設立、銀行口座関連は複雑です。
Amazon欧州を攻略するためには専門のサポート会社に依頼するのが一般的です。

もう1つは、AmazonカナダのFBA倉庫に直送してくれるサービスが増えてきたことです。
1年前は存在していなかった「AmazonカナダFBA倉庫直送サービス」も、信頼できるところだけで既に2,3社あります。

Amazonカナダを攻略するための基礎知識としては、
・Amazonカナダの承認が必要なカテゴリー
・カテゴリーごとの手数料
・禁止されているコンテンツ
・販売制限
・カテゴリー承認の流れ(プロセス)
・カテゴリーが承認される条件
・カテゴリー承認 リクエストフォーム

これらのことを把握しておく必要があります。

とりあえず気になるという方は、Amazonカナダに登録だけでも済ませておくことをおすすめします。

「Amazonカナダに登録している途中で、いつの間にかAmazon米国の管理画面になってしまう」というお問い合わせをいただくことがあります。

Amazon米国にログインしている状態のままAmazonカナダに登録しようとする時に起こる現象です。
同じような現象が出た場合は、まず米国から完全にログアウトし、その後カナダに登録してみてください。

「カナダに登録途中で米国の管理画面になってしまう」というのは不思議な現象ですが、Amazon米国とカナダを1つの管理画面で操作できるように準備中なのかもしれません。

注意すべきは「米国ほどは売れない」ということです。
「米国で月収100万円稼いでいる人がいる。それなら穴場のカナダなら300万円稼げるだろう!」ということには、残念ながらなりません。

それでも、もう1つの販売サイトを確保しておくことは、収益の安定性や、リスク管理の面からもお勧めです。

とにかく今一番ホットな場所は「AmazonカナダFBA」と言ってもいいでしょう。

Amazon米国と同じように、Amazonカナダにも「クリスマスシーズン」というものがあります。
1年に1回のお祭り騒ぎのシーズンで、特におもちゃ、ホビー関連がよく売れると言われています。

Amazonカナダのブラック・フライデーとサイバー・マンデー-1/2

もしあなたが既にAmazon米国である程度の利益を得ているなら、カナダを利用しないのはもったいないです。
米国を経験しているなら、カナダはほぼ同じ知識と操作で出品可能です。

「米国ほど売れない」というのは確かにそうですが、販売サイトを1つ増やすことができれば、あなたの売上を増やす事ができ、リスク管理にもなります。

「米国では売れないけどカナダでは売れる」という商品情報やリサーチ方法をマスターする機会にもなります。

Amazon輸出は「無在庫」で始める人が多いのですが、今後はFBAを利用して利益を上げていく人が増えていくと予想します。

実際A塾の会員様の中には、FBAで利益を会える人が増えていますし、カナダの場合にもFBAが穴場となっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする