Amazon輸出で海外発送できない89種類とは?

「海外発送を制すものがアマゾン輸出を制す!」ということで、機会あるごとに海外発送のノウハウをご紹介していますが、まだこの重要性について気がついている方は少ないようです。

「海外発送で23万円の商品が税関で止まった!」というような相談をよくいただきますが、海外発送の専門家に任せてしまえば、そんな初歩的なトラブルからは、すぐ開放されます。

最近あったのが、接着剤、ニス、化粧品などの危険品の発送です。

意外なものが危険品の対象となっていますが、知らずに発送してしまうと余計なお金と時間をムダにしてしまいます。

国内で止まってくれればいいですが、そのまま海外に発送されてしまったら、それこそ取り返しの付かない結果になることもあります。

知らずにアマゾン米国で出品し、「売れた!」と喜んで発送したら、実際には海外に発送できなかった、ということもよくあります。

こうなると、顧客からは良くない評価を付けられることもあり、踏んだり蹴ったりという結果になります。

ここで、ちょっと長くなりますが、海外発送できない商品を一覧にしてみます。

あなたが今、アマゾン米国で出品している商品と参照してみてください。

もしこの一欄にある商品を出品してしまっていたら、取り下げを検討した方がいいかもしれませんね。

  1. アスベスト
  2. アルコール
  3. ウラン
  4. エアガン
  5. エンジン
  6. オイルライター
  7. ガスヒーター
  8. カセットコンロ用ガス
  9. キャンプ用ガスコンロ
    10.クラッカー
    11.クレジットカード
    12.クロロホルム
    13.コピーディスク
    14.シンナー
    15.スプレー缶
    16.セシウム
    17.ダイビング用ボンベ
    18.ダイヤモンド (原石・加工品含む)
    19.たばこ
    20.チケット(コンサートチケットなど)
    21.ドライアイス
    22.トリウム
    23.プルトニウム
    24.フロンガス
    25.ペイント類
    26.ヘリウムガス
    27.マッチ
    28.マニキュア
    29.みつばち
    30.ライター
    31.ライター用燃料
    32.ライター用補充ガス
    33.ラッカー
    34.わいせつな物品
    35.液体バッテリー
    36.加熱蒸散殺虫剤
    37.家畜の餌
    38.花火
    39.過酸化剤
    40.偽造、変造又は模造の通貨
    41.牛肉
    42.金
    43.金券
    44.携帯用濃縮酸素
    45.血液を含む製剤
    46.血清、ワクチン
    47.原産地誤認貸物
    48.個人用小型酸素発生器
    49.向精神薬
    50.航空券
    51.香水
    52.国宝
    53.昆虫
    54.雑件
    55.磁石
    56.酒精飲料
    57.重要美術品等
    58.重要文化財
    59.銃砲
    60.除塵スプレー
    61.消火器
    62.植物
    63.水銀
    64.生きた動物(ワシントン条約)
    65.生もの
    66.炭
    67.弾薬
    68.マッチ
    69.鳥の羽毛、皮
    70.塗料
    71.土
    72.動物の腸
    73.動物の部分
    74.動物製品
    75.肉
    76.農薬
    77.避妊用品等
    78.飛び出しナイフ
    79.漂白剤
    80.病原体
    81.富くじ等
    82.文書
    83.包装用物質
    84.放射性廃棄物(施設から)
    85.放射性物質
    86.麻薬
    87.模造刀
    88.毛皮、皮革
    89.郵便切手および収入印紙

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする