Amazonの新サービス「on Amazon」は全てを破壊するか?

Amazon輸出を実践していると気がつくことがあります。

それは「Amazonは世界中のAmazonを1つにしようとしているようだ」ということです。

Amazonは世界中で税金の問題を勃発させていたり、物流や倉庫のことを考えると、Amazonが1つになることは難しいと思います。

しかし、いくら難しいとはいえ、最終的にAmazonがそれを目指していることは間違いないようです。

その1つが、「on Amazon」というサービスです。

サービスと言うよりも1つの概念なのかもしれません。

その内容はこうです。

・日本国内の通販サイトが海外向けに商品を販売する仕組みを強化する
・通関処理や煩雑な手続きを代行する
・商品説明の翻訳を代行する
・Amazonの物流センターと連携して、スムーズに海外の顧客に商品を届ける

このようなサービスは、「FBA海外販売」として、現在もあります。

しかし、対象商品はメディア類に限定で、利用価値はあまり高くありません。

さて、「on Amazon」が本格的に普及した場合、まっさきに影響を受けるのはどの業界でしょうか?

やはりそれは海外への転送代行会社でしょう。

海外に留学している日本人学生が日本のものを欲しいと思った時、それが現地になければ日本のネットショップから購入することになります。

その場合に利用されるのが、海外への転送代行会社です。

ネットショップで購入したものをいったん転送代行会社に送り、現地まで届けてくれるサービスです。

「on Amazon」でこのような業界は大きなダメージを受けることになります。

では肝心のAmazon輸出実践者はどこまで影響を受けるのか?

結論から言えば、新品無在庫は影響を受けるが、FBAへの影響はほとんどないと言えます。

例えばあなたがAという商品を無在庫でAmazon米国に出品したとしましょう。

将来Amazon米国では、このような表示になることが予想されます。

「Aという商品がほしいのですね。Amazon米国では送料を100ドルで売られていますが、配送までに2週間程度かかります。Amazon日本では同じ商品が送料を含めて90ドルで購入できます。配送は同じく2週間程度かかりますが、まとめ買いをすれば送料も割安になります。米国も日本も、梱包、配送、サポートはAmazonが担当するので安心です。どちらから購入しますか?」

「on Amazon」が普及すれば、世界中のAmazonでこのような案内が表示されるようになります。

「on Amazon」は「日本(世界)のAmazonにあるものを海外に配送する」というサービスです。

Amazonの便利な決済や迅速な配送網を利用できるので、海外の人も日本から購入しやすくなります。

このように考えると、Amazon輸出として、新品無在庫出品者はダメージを受ける可能性があります。

しかし、FBAでの販売はほとんど影響を受けないでしょう。

同じ価格であれば、2週間後に届くより、翌日届く方を選択するはずだからです。