ペイオニアの手数料をペイオニア担当者が直接解説

Amazon輸出のアイテムとして必須のツールとなったペイオニア。

A塾のSNSに参加中のペイオニア 日本語担当者さんが、気になるペイオニアの手数料について詳しく教えてくれました。

  1. ペイオニアカードの1日(24時間)のATMでの現金引き出し限度額は$2500。
  2. 1日の購入限度額は$2500。
  3. 1日の利用限度額は合計$5000。
  4. お金が国境間または通貨間でやり取りされる場合はその都度、MasterCardとその発行銀行は処理手数料が適用される。
  5. これはATMとポイントセール購買の両方に適用される。
  6. ペイオニアカードがアメリカドル以外の取引に使われる場合、MasterCardの為替レートに基づいた通貨両替手数料(市場条件に基づき定期的に調整される)が発生する。
  7. アメリカドルによるMasterCardカード使用であっても、その使用国が発行銀行以外であれば、似たような手数料が適用される。
  8. ペイオニアカードによる処理手数料は上限3%までになることがある。
  9. 両替手数料、国境間手数料はすべての銀行によって適用され、ペイオニアカードによる手数料はその中でも最も低いものである。
  10. この他にATMでの使用には、3.15ドルの手数料が適用される。

ということです。

うーん、ちょっとわかりにくい部分もあるようですね。

ペイオニアについてわからないことは、チャットで相談することをお勧めします。

トップページ → Customer Support → Live Chat with Customer Support

「Japanese Please」といえば、日本語担当スタッフが対応してくれますので、安心です。

メールよりも素早く問題が解決します。

ペイオニアの悩みは、まずチャットで相談してみて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする