Amazon輸出 返品、返金、キャンセル対応マニュアル

購入者と今どのようなところまで話し合い(メッセージ送受信)されているのかにもよるのですが、Amazon輸出の返品、返金、キャンセルの一般的な対応方法は下記の通りとなります。

返品、返金、キャンセルの対応方法は、自己発送かFBAで異なります。

自己発送の場合は

  1. 購入者がアカウントサービスの返品受付センターより返品リクエストを送信
  2. 出品者がセラーセントラルの返品管理から返品リクエストを確認し、返品の承認・終了を判断
  3. 購入者に返品リクエストの結果がメールで送信
  4. 購入者は、返品受付センターより返送先住所のラベルを印刷し、出品者へ商品を返品
  5. 出品者は返送された商品の受領を確認後、セラーセントラルの注文管理より該当注文に返金を実行

という流れになります。

なお、返品先の住所をセラーセントラル画面のSettingsーAccount Info内のReturn Informationという項目に記載しておくと良いです。

また、問い合わせから返品、返金、キャンセルに応じる場合、購入者にYour Account → Your Orders → Cancel Itemを実行してもらうと、セラー側の評価を落とすことなく、キャンセルすることができます。

「Order cancellation request from Amazon customer…」というメールが来たら、Manage Ordersでその注文を表示してCancel Orderを実行します。その理由に「Buyer Cancelled」を選択してください。

FBAの場合は、返品のお知らせメールがくるだけで、特に何もする必要はないです。

念のため、返品されたあとのFBAの在庫数などを確認します。

また、相手に金銭的にな負担をかけてしまったり、迷惑をかけてしまったという場合は、Amazonギフトをプレゼントするという方法もあります。

特定のバイヤー(購入者)をブロックすることはできないのですが、返品・返金などを繰り返す悪質な場合は、Amazonのサポートに連絡して下さい。
Amazon側で、その購入者のアカウントに制限をかけるケースもあります。

なお、EMSなどで保障が利用できる場合は、このAmazonでの流れとは別に、EMSの保証を利用して返金などをしてもらうことになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする