Facebook輸出とGoogle輸出とAmazon輸出と…

以前から紹介しているように、ネット輸出には4つの種類があります。

・Amazon輸出
・eBay輸出
・SNS輸出
・ネットショップ輸出

グーグル ショッピング エクスプレス(Google Shopping Express)が始まれば、「グーグル輸出」という新たな5つ目のネット輸出が出現することになります。

ところで、まだあまり注目されていないものに、「SNS輸出」があります。

ここでいうSNSはFacebookの事です。

つまり、「Facebook輸出」という事になります。

私の知り合いで、すでに東南アジアの某国にFacebook輸出して成功している人がいます。

また、ある商品をインド向けにFacebook輸出して成功しているサイトを詳しく研究したことがあります。

海外では盛んに行われているFacebook輸出ですが、日本ではほとんど聞いた事がありません。

FacebookなどのSNSは、ネットショップやビジネスにはあまり向かないと言われています。

大手企業が次々に撤退したというニュースが流れたのは、もう2年くらい前のことです。

言語の壁はあるものの、Facebook輸出は比較的簡単に始められます。

基本的には、Facebook用のネットショップアプリをインストールして、あとは商品を陳列するだけの作業です。

ほとんど無料でスタートできるため、初心者でも始めやすいでしょう。
無在庫で出品することも可能です。

顧客、つまりFacebookの友達とも親密な関係を築くことが簡単なのも特徴の1つです。

現在のところ、他の4つの輸出とはかぶらない部分が多いビジネスモデルです。

しかし、Amazonが始めた新しいサービスでは、Amazonの中にFacebookを取り込む機能があります。

eBayでも、Facebookと連携したコミュニティの場所が提供されていくでしょう。

今後、Facebook輸出がFacebookの中で完結するのか、AmazonやeBayなど、他のサービスとくっついて成長していくのかは、まだ未知数です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする