ペイオニアの日本語サポート担当者がSNSに参加中!

お陰さまで去年の暮れからA塾の新規の会員様も続々と増え、秘密グループSNSへの参加者も、着実に増加しています。

会員様同士のコミュケーションの場として、有益な情報をシェアできるAmazon輸出専門のSNS。

実際の参加者からは、
「今までもいろんなSNSを拝見しましたが、一番クオリティが高いSNSだと思います。」(F.T様 兵庫県)

「amazon輸出ではTOPを走る集団が在籍してる団体だと思います」(R.M様)

「圧倒的な情報量で驚いています。ありがとうございます!」(I.I様)

「とても密度が濃くて参加できて光栄です。」(T.M様)

「すごいですね~、やはり情報は力のある人に集まるんですね!会員にシェアして頂いて嬉しい限りです。」(Y.O様)

このような声をたくさんいただいています。

いまやAmazon輸出専門としては日本最大級となったA塾のSNSには、なんと、ペイオニアの日本語サポート担当者も、1週間ほど前からご参加いただいています。

はたしてペイオニアはAmazon輸出の救世主なのでしょうか?
それとも使えないサービスなのでしょうか?

アメリカの法人銀行口座を格安でレンタルできるペイオニアのサービスは、Amazon輸出で必須サービスとなりつつあります。

しかし、ペイオニアについてはあまりにも便利すぎるためか

「本当に大丈夫なの?」
「詐欺ではないの?」

といった様々な憶測や懸念が一部で飛び交っています。

そんな中、ペイオニアの日本語サポート担当者様は、SNSでも積極的に発言してくれており、A塾の会員様のペイオニアに対する疑問や質問のひとつひとつに丁寧に回答をしていただいています。

昨年10月頃までは、ペイオニアの日本語サポートはなかったはずです。

ペイオニア口座開設に際し、質問などをしたい場合は全て英語で対応しなければならないというハードルがありました。

しかし今では、ペイオニアに口座を開きたいという日本人に対して、携帯電話で手取り足取り、日本語でサポートしてくれるケースもあります。

ちなみにA塾のSNSでは、大手セミナーのAmazon輸入メイン講師、中国輸入のメイン講師、有名転送会社の代表、日本郵便の偉い人、大手配送会社のベテラン営業など、様々な分野の専門家にもご参加していただいています。

最近では、大手出版社の編集部も、雑誌のAmazon輸出特集の取材のためSNSに参加してくれています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする