デジカメ王(カメラ買取サイト)を1万円で作ろう!

デジカメ王(カメラ買取サイト)を1万円で作ろう!

デジカメ王(カメラ買取サイト)を1万円で作ろう!

中古カメラの輸出がブームになっています。

Amazon輸出では、「配送」と「仕入れ」がとても重要です。

ライバルは、Amazon日本やヤフオクなどから仕入れていますが、顧客から直接仕入れた方が効率的です。

そのための仕入れサイトを1万円で作ってしまおう、という大胆?な戦略をご紹介します。

中古カメラに限らず、どんなジャンルでも応用できる「買取サイト」を1万円で作る方法のご紹介となります。

サンプルはデジカメ王(カメラ買取サイト)です。
http://dejikameou.com/

必要な物は以下の3つです。

・ドメイン
・サイト
・システム

ドメインについて

ドメインの種類は沢山がりますが、その中でも「.com」がおすすめです。
理由は2年目以降も費用が安く、認知が高いドメインだからです。

サイトについて

サイトの制作はワードプレスが簡単にインストールできるレンタルサーバーを利用します。

最近では、サーバー会社が提供している自動インストール機能を利用することで、ワードプレスのインストールが余計な手間なく簡単にインストールを行なう事ができます。

また、データーベース機能をサービス費用内で提供しているレンタルサーバーを利用します。

エックスサーバー、ロリポップなどなら、月の維持費も1,000円程度ですみます。

デザインは、テンプレートとSOHOのデザイナーに依頼します。

1~3万円程度で可能です。

「検索システム」をどうするか

「カメラの名称を入力すると買取相場が表示される」プログラムをどうするか?

中・大規模なデーターベース構築ならMySQL、PHPなどでプログラム制作します。
3~10万円程度で可能です。

しかし、カメラ買取相場程度であれば、「カメラの名称と買取相場」を記事として投稿し、サイト内の検索システム(無料)を利用するだけで十分可能です。

買取相場記事の投稿は、CSV一括投稿を利用します。

今回ご紹介した方法であれば、サンプルとして紹介したデジカメ王(http://dejikameou.com/)と同じサイトを、1万円で作ることができます。

作った買取サイトのネット広告方法は改めて解説予定です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする