ペイオニア(Payoneer)は合法か?詐欺か?

ペイオニア(Payoneer)は、一言で言えば「アメリカの法人銀行口座を格安でレンタルする」というサービスです。

ここ1ヶ月くらいで、せきを切ったようにペイオニアに関する情報がネット上で配信され始めています。

Amazon輸出でなぜペイオニアが重要なのか、ここで説明する必要はもうないでしょう。

Amazon輸出で必須となりつつあるペイオニアですが、あまりにも便利すぎるためか一部で「本当に大丈夫なの?」、「詐欺ではないの?」という懸念も広がっています。

ここでは海外の情報を中心に、ペイオニアが合法なのか詐欺なのかを検証し、今後あなたがどのように対応すればいいのかを解説したいと思います。

まず、ペイオニア自身の主張を確認してみます。

当然ですが、ペイオニア自身は自分たちのサービスに自信を持っており、その合法性と安全性を主張しています。

ペイオニア自身による合法性の主張

  1. ペイオニアは2005年に設立されたニューヨーク市を拠点とする完全に合法な会社です。
  2. 弊社は現在世界中で数千件の会社と数百万人の会員向けにグローバル支払いソリューションを提供しています。
  3. ペイオニアプリペイドデビットMasterCardカードは200カ国以上でご利用いただけます。また、オンライン、実店舗でのご購入や、世界中のATMでもご利用いただけます。
  4. 弊社のUS Payment Serviceではカードにリンクしたアメリカの口座/ルーティング番号が割り当てられ、ご指定のアメリカ企業(Amazonなど)から支払いを受け取る事が可能です。
  5. KYC(Know Your Customer 犯罪収益移転防止法に基づく本人確認から発展した新しい本人確認)、銀行秘密法(BSA/ Bank Secrecy Act)、AML(アンチ・マネー・ローンダリング Anti-Money Laundering)およびOFAC(米国財務省外国資産管理局 Office of Foreign Asset Control)を遵守しています。

2012年、ペイオニアは北米で急成長している企業500社のベスト34に選出されました。

このような主張や実績は、ペイオニアを健全な組織と判断するのには十分です。

それでも、一部には「ペイオニアは詐欺だ!」と主張する人がいるのも事実です。

ペイオニアに疑問を持つ人の主な主張

  1. 売上を受け取ることができない
  2. マスターカードがうまく使えない(ATMから引き出せない)
  3. ペイオニアのサポートに連絡しても返事が返って来ない
  4. ペイオニアの住所表記はおかしいのではないか?
  5. コミュニティーで疑問を投げかけても、ペイオニアの関係者からの返事しか返って来ない。他の誰かの正しい答えを聞きたい

このような疑問について、ペイオニアは繰り返し「サポートに連絡してほしい」とアドバイスしています。

しかし、肝心なサポートに訴えてもなかなか返信が返って来ないということも、利用者の不満をつのらせている原因になっているようです。

数百万人の利用者のサポートをしていれば、一部の顧客とのトラブルは発生してしまうでしょう。

では、どうすればいいのか?

ペイオニアが合法か詐欺か、誰にもわかりません。

なぜなら、今は合法でも5年後は経営上の問題から詐欺的な行為を犯す可能性もあるからです(その逆もあり得ます)。

数百万人いるうち、満足なサポートを受けられなかった一部の利用者が「ペイオニアは詐欺だ!」と訴えるでしょう。

世界中にはペイオニアに似たサービスがいつくかあり、「ペイオニアよりこちらのサービスのほうが良い」という情報も配信されていくはずです。

ペイオニアに似た多数のサービスとそれを紹介する情報が無数に配信される状態が数年続きます。

中にはアフィリエイト目的や、同業者の嫌がらせ情報も含まれます。
むしろ、こちらの情報のほうが多くされるかもしれません。

「怪しい」という情報ほど、人は信じやすいものです。

本当に信頼できるサービスや情報が確立するには、3~5年程度かかると予想します。

例:日本で輸入ビジネスが始まった2005年頃、無数の海外輸入転送サービスが紹介された。中には個人情報を盗むだけのサイトもあった。現在ではMyus.com、スピアネット、そしてアッシュマートさんなどに集約されている。

結論として、「ペイオニア」+「現地法人口座(またはA塾の緊急用米国法人銀行口座レンタル)」で良いと思います。

今後様々配信されるペイオニア(Payoneer)の本当とウソの情報に翻弄されることは避けたいものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする