節税セミナー不要/あなたが節税する唯一の方法教えます

節税セミナー不要/あなたが節税する唯一の方法教えます■ 節税セミナー不要/あなたが節税する唯一の方法教えます

確定申告はわかった。では節税は?

あなたが納税や確定申告を無料で解決する方法を前回のブログで紹介しました。

「確定申告については解決した。では節税は?」
という疑問があると思います。

「日本では節税は難しい」という話をよく聞きます。
起業したばかりの人のみならず、長年ビジネスをしている人からもよく聞く嘆きです。

そういったニーズを見込んで、特にこの時期になると各種節税セミナーが開催されます。

しかし、あなたが効率的に節税する方法は、たった1つしかありません。

それは「節税に強い税理士さんの探し方を知る」ことです。

「バカ言うな!税理士資格を持った税理士さんが節税に強いのは当たり前だろ」

ちょっと待って下さい。

日本中にゴマンと税理士さんがいて、自分で申告する人を除いてほとんどの会社は顧問税理士さんに毎年の納税/節税を依頼しています。

なのになぜほとんどの会社が毎年節税に頭を悩ませているのでしょうか?
なぜこれだけ節税セミナーが流行っているのでしょうか?

あなたが税務の知識を頭に詰め込んでも何の意味もない

あなたの売上額にもよりますが、節税ができれば1年間で数百万円の差となることもあるのです。

それが毎年続くわけですから、節税できるかどうかは、ビジネスで成功する方法を学ぶのと同じくらい重要なはずです。

なのに、税理士さんにお願いしているほとんどの会社が節税できずに悩んでいる(あるいは節税できていると勘違いしている)という現状があるのです。

あなたが貴重なお金と時間をかけて節税セミナーに足を運んでも、実際には何の収穫もありません。

そこで語られていることは、経費をどうするか、消費税還付を申告しましょう、こういったサービスに入っていると節税になりますよ、領収書はこのように保管しておいて下さい…などということです。

しかし、こんなことは、あなたが知る必要はありません。

なぜなら、節税セミナーで聞かされる内容は、そもそも税理士さんならだれでも知っていることばかりだからです。

あなたより遥かに税務に詳しい税理士さんが顧問をしている会社のほとんどが節税できていないのです。

たかだか2,3時間のセミナーで得た知識を武器に、日頃お世話になっている税理士さんに向かって「今度からこうやって節税しろ!」と怒鳴れば解決するとでも思っているのでしょうか?

節税セミナーに参加してあなたが税務についての知識を得て、いったい何の意味があるのでしょう。

「税理士さんに頼みやすくするための基礎知識でしょ?」というなら、前回紹介した無料相談で十分です。

世の中のほとんどの税理士さんが節税できない理由を知らなければ、あなたは永遠に節税できない

あなたが知らなければならない最も重要なことは、なぜ税理士さんに頼んでも節税できないのか?ということです。

この理由を知らなければ、あなたが税務の知識をいくら頭に詰め込んでも、あなたは永遠に節税することができません。

そもそも、節税セミナーで得た知識は、来年になったら使えなくなるかも知れないのです。
来年もまた同じ節税セミナーに足を運ぶつもりですか?

あなたに必要なのは税務や節税の知識ではありません。
本当に必要な知識たった1つ、「節税に強い税理士さんの探し方」です。

そしてそれは「税理士さんには2種類いる」ということを知れば十分なのです。

では具体的に、節税に強い税理士さんの探し方をここで伝授いたしましょう。

それでは具体的に、節税に強い税理士さんの探し方について解説します。

わかってしまえば簡単なことです。

税理士さんには2種類います。

「税理士試験を受けて合格した税理士さん」と、「国税局に23年以上務めた人に自動的に与えられる税理士資格」の2つです。

あなたは、どちらが節税に強い税理士さんだと思いますか?

「そりゃ、試験を受けて合格した税理士さんのほうが優秀に決まっているだろ。自動的にもらった資格なんて実力を伴っていないのだから」

ほとんどの方はこのように考えるでしょう。しかし実際には逆なのです。

節税に圧倒的に強いのは、後者の税理士さんです。

税務署に23年以上勤務すると、自動的に税理士資格がもらえます。

「資格を自動的にもらった税理士に実力があるのか?」という疑問もあると思います。

しかし、節税に強いかどうかは試験の知識ではなく、「税務署の内情に詳しいかどうか」で差が出るのです。

試験に合格した税理士さんと比較して、節税に関する実力には雲泥の差があります。

あなたが探すべきは税務署に23年以上勤務した税理士さんです。

税理士さんを探す具体的な場所は?

次に税理士さんを探す具体的な場所ですが、

  1. ネットで探してメールで問い合わせる
  2. 税理士事務所にFAXDMを一斉送信する
  3. 楽天ビジネスで募集する
  4. 税理士ドッドコム、ジャストアンサーなどの一括見積もりサイトを利用する

などがあります。

当然ですが、「あなたは税理士資格に合格した税理士さんですか?それとも税務署に23年以上勤務した税理士さんですか? もしあなたが税理士資格に合格した税理士さんであれば、税務署に23年以上勤務した税理士さんを紹介して下さい」とこの段階ではっきり聞いておく必要があります。

税理士さんを探す時は、できるだけわがままな要求を書く、ということも重要です。

「起業したての自分が、税理士さんにわがまま言ったら申し訳ない」という気持ちが働きがちです。

しかしここが最も重要です。

この最初の段階で間違えてしまい、あとあと余計な作業を強いられている人が多いのです。

例えば、税務処理で一番面倒なのは領収書の管理です。

1年間の領収書を日付や項目順に並び替えて、一つ一つエクセルに打ち込んでいる人はいませんか?

これは税理士さんを探した時に間違ってしまったよくある失敗例です。

税理士さんを探すとき
「領収書は袋に入れて送るから、あとは全部お願いしたい」、
「毎月の顧問料は1万円以上出せない」
「W-8BENについてのアドバイスも欲しい」
と、自分の要求をしっかり書くことが重要です。

そうでないと、本来やらなくてもいい領収書の整理を、あなたがやらなければならなくなります。

税理士事務所には領収書の処理に慣れたスタッフがたくさんいます。

税理士さん自身が領収書を処理しているわけではありませんから、あなたが面倒な作業を税理士さんに依頼しても、当の税理士さん自身はちっとも困らないのです。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。