no

Amazon輸出の店頭仕入れを可能にするスマホ用アプリとは?

Amazon輸出 実践者が密かに恐れていることとは?

Amazon輸出で日本人のライバルが増えてきたらどうするか?

Amazon輸出がブームになっている今、実践者が密かに恐れていることだと思います。

3年ほど前、eBay輸出の有名著者とお話をさせていただいた時の会話。

私「あなたがeBay輸出のノウハウを広めてしまったら日本で大きなブームが来てしまう。そうなった後は”日本のどこに住んでいるか”、つまりどうやって効率的に店頭仕入れができるかが勝負になりますね?」

eBay輸出の著者「おぉ、まさにそのとおりです!」

この有名著者は、秋葉原に徒歩で通える場所に住んでいます。
そして私も、秋葉原に徒歩で通える場所に住んでいます。

A塾のご入会特典に「秋葉原移住マニュアル」があるのは、そのためです。

Profit BanditはAmazon輸出の救世主?

今月の音声セミナーで詳しく紹介する「Profit Bandit」は、Amazon輸出飽和後の救世主となる「Amazon輸出の店頭仕入れを可能にする」スマホ用アプリです。

iPhoneやアンドロイドのスマホにインストールするだけで、店頭でバーコード検索 → Amazon.com等との価格差を表示してくれます。

「Profit Bandit」があなたのAmazon輸出にどれほどのインパクトと収益をもたらすか、同じようなアプリを使って一度でも店頭仕入れをしたことがある方なら、すぐに理解してもらえるでしょう。

1,300円で手に入るProfit Banditの特徴は、下記のとおりです。

Profit Banditの特徴

  • 店頭でバーコード検索 → Amazon.com等との価格差表示用アプリ
  • iPhone(Apple)、アンドロイド両方対応
  • 日本から購入可能
  • 、英国、、ドイツの5カ国に対応
  • カメラでバーコード検索
  • 手入力の必要なし
  • Amazonの各種手数料、FBA手数料、送料など細かい計算のオンオフが可能
  • 検索履歴の一覧表示
  • ワンクリックでAmazon.com他に出品できる
  • 便利な自動処理機能
  • Amazon輸出の店頭仕入れを可能にする「Profit Bandit」というスマホ用アプリ。

    「Profit Bandit」をインストールしたら、試しに部屋にあるCDやDVDなどのバーコードを読み取ってみましょう。

    Amazon輸出の店頭仕入れを可能にするスマホ用アプリのスクリーンショット

    Amazon輸出のアウトドア仕入れが可能に

    Amazon輸出の店頭仕入れを可能にするスマホ用アプリを紹介しています。

    Amazon輸出でライバルが増え、市場が飽和した後でもあなたの強い仕入れパートナーになってくれるはずです。

    商品の仕入をする場合、電脳仕入れ(パソコンを使った仕入れ)のほうが楽で利便性も高いのですが、ライバルが全く同じ条件で商品をサーチし、仕入れているという欠点があります。

    また、パソコン操作に慣れていなかったり、長時間のディスクワークが苦手という人にとって、電脳仕入れは苦痛かもしれません。

    その点、Profit Banditはアウトドア仕入れ派に最適です。

    「仕入れに行けないと禁断症状が出る」という人もいるくらい、店頭でお宝商品を見つけた時の快感が忘れられずに続けている人は多いです。

    Profit Banditはもともと海外のせどらー(?)用に作られたアプリですが、日本にいながらインストールできます。

    日本語iPhoneでも問題なく動作します(アンドロイド用は試していませんが…)

    Profit Banditの注意点

    Profit Banditにも注意点があります。

  • 大口出品でないと利用価値なし
  • 小口出品では利用できない
  • Amazon MWSに登録(無料)
  • Profit Banditに登録後、Amazon MWSへの登録を促されますが、メッセージに応じて進めていけば、問題なく使えるようになります。

    Profit Banditは海外旅行先での仕入れにも使える

    ところで、「日本のどこに住んでいるかが重要だ」と説明しましたが、むしろ日本に住んでいない人のほうが有利かもしれません。

    このアプリが全世界で動作するかは不明ですが、例えば韓国、ハワイ、シンガポールへ旅行した時、お店に入ってリサーチすることも可能なはずです。

    ショッピングを楽しむようにリサーチすれば、旅費くらいは稼げるかも知れませんね。

    更に発展させれば、各国のSOHOさんや日本人留学生にリサーチ/仕入れ代行をお願いすることもできます。

    世界に拡大を続けるAmazonの販売網を利用すれば、それこそ「世界で仕入れて世界のAmazonで販売」が日本にいながら可能になります。

    BUYMAのように、上場できるかも知れませんw

    Profit Banditを利用した店頭仕入れの実演も、近いうちにここで紹介したいと思います。

    コメント

    この記事へのコメントはありません。

    コメントする


    ※メールアドレスは公開されません。