no

日本にいながら日本語で銀行口座を開設できる便利サービス
口座開設後、「このあとどうすればいいの?」という人のための動画解説サイト
わかりにくい「Routing Number」が分かるサイト

Amazon輸出にとって最初のハードルは、「」と「海外法人設立」の2つです。

海外銀行口座開設については、三菱東京UFJ銀行のユニオンバンク(カリフォルニア・アカウント)がよく利用されます。

今回は、このユニオンバンクを利用する際に便利なサイトを3つご紹介します。

海外銀行口座開設のハードルを乗り越える

ユニオンバンクとは、日本語でサポートしてくれる米国の銀行です。

「カリフォルニア・アカウント」とは、日本で言えば「カリフォルニア支店」という感じです。

その口座開設の手助けをしてくれるのが、三菱東京UFJ銀行となります。

従って、口座開設のハードルを乗り越えるには、三菱東京UFJ銀行のサポートページを見に行くのが一番早く、わかりやすいです。

ユニオンバンクによる動画解説ページ

ユニオンバンクから書類が送られてきたあと、最初にすべきことが動画でわかります。

ユニオンバンクに登録すると、ATMカードや、ネットバンクにログインするために必要なPINコード等が郵送されてきます。

しかし、その後どうすればいいのかがよくわからず、戸惑う人もいるようです。

そんな時は、「ユニオンバンク インターネットバンキング「ONLINE BANKING」ご利用方法の動画解説がわかりやすいです。

一時停止等もできるので、動画を見ながら作業すれば、迷うことはないと思います。

「Routing Number」が分かるサイト

ここまでで、Amazon輸出のための銀行口座の準備は整いました。
後はAmazon.comに、この銀行口座を登録することになります。

ここで少しわかりにくいのは、「Routing Number」です。

「Routing Number」=銀行名・銀行コードのことですが、ユニオンバンク カリフォルニア・アカウントの「Routing Number」が見つからずにムダな時間を費やすというケースもあるようです。

そんな場合は、ユニオンバンクのページを見に行きます。
Routing Number」が分かるページはココです。

この3つがあれば、Amazon輸出の海外銀行口座の問題は、とりあえず解決です。

※Amazon輸出のユニオンバンク利用のリスクについては、別の記事を参照して下さい。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。