no

Amazon.comの新秘密兵器「Amazonロッカー」登場!


Amazonロッカー1
Amazonロッカー2

「配送を制す者がeコマースを制す」
このブログでも何度か紹介しているドラッカーの予言です。

Amazon.comは、米国各地で「」なる大型の金属製キャビネットを、ショッピングモール、セブンイレブン、ドラッグストアーなどに設置し始めました。

これにより、受取人不在の再配達等がなくなれば、配送コストを20%削減できると試算する専門家もいるようです。

「Amazonロッカー」は、日本でも比較的新しいマンションにあるような「宅配ボックス」のようです。

  1. 配送業者がAmazonロッカーに荷物を入れる
  2. 受取人が暗証番号を入力するとロッカーが開き荷物を受け取る

という流れです。

荷物がずっと置き去りにされていた場合どうなるか、というのはちょっと疑問ですが、多分、宅配業者にアラーム(メール)が送られ、引き取りに来て送り主()に返す、という流れだと思います。

日本では、「アマゾンジャパン・ロジスティクス、約6万坪の新物流センターを2013年に開業〈BCN〉。2013年内をめどに、神奈川県小田原市に同社最大の物流センターアマゾン小田原FC(フルフィルメントセンター)(仮称)を開業する。」というニュースもあります。

よくAmazonと比較されるeBayでは、つい1週間くらい前に「、即日配送サービスの試験提供を開始」というニュースが流れました。

12年以上前のドラッカーの予言が的中したことに改めて驚きます。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。