no

Amazon輸出の本格的ブームがついに来た!

9ヶ月ほど前から予言していたとおり、Amazon輸出の本格的ブームがついにやって来ました。

Amazon輸出について、ここのところ様々な動きがあります。

Amazon輸出の無料レポート、Amazon輸出専用塾、Amazon輸出専用ツールなどが様々なところで提供され始めています。

そもそも、Amazon輸出はシンプルな転売ビジネスです。
特にFBAを利用しなければ無在庫でできるので、初期費用もほとんど必要ありません。

さらに、Amazon.comだけではなく、Amazon欧州を視野に入れれば、無在庫で世界Amazon輸出が可能になります。

Amazon輸出のブームは5年は続く

不安や疑問はいろいろあると思いますが、とりあえず始めて見ることをおすすめします。

まずはAmazon.comに登録し、日本でしか入手しにくいものを1つ出品してみると良いです。
細かいことはその後考えます。

Amazon輸出のブームは、少なくとも5年は続くと思います。
eBay輸出のブームが今も続いていることを考えると、Amazon輸出のブームも半永久的に続くかも知れません。

そこで気になるのが、やはりAmazon輸出のリスクです。
「Amazon輸出は簡単に儲かる!」のは確かですが、やはりリスクについても改めて説明しておく必要があると思います。

Amazon輸出のリスクを今こそ確認しておこう

Amazon輸出のリスク、何度も説明していることですが、「月収20万円以上にはならない」ということです。

Amazon輸出では、「顧客リストを集められない」というのがその理由です。

Amazon輸出で月収20万円を超えようとしたら、あなた以外のスタッフや倉庫などが必要になります。

莫大な固定費が必要になり、リスクが一気に高くなります。

3つのリスクを改めて確認しよう

  1. Amazon輸出では月収20万円以上にならない
  2. Amazon.comで出品できなくなった時のリスク(ただし無在庫の場合はリスク軽減できる)
  3. Amazon輸出用ツールを利用すると、あなたの個人情報やノウハウがツール提供者に知られてしまう

やはり最終的には、Amazon輸出を実践しながら、Amazon輸出用ツールを開発して提供したり、Amazon輸出専門塾を自分で開く方法が一番おすすめです。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。