no

世界のAmazonは6つのグループに分けられる

ライバルに知られたくない新戦略とは?

「Amazon輸出は米国Amazonだけでなく、世界のAmazonで販売する戦略もある」とここで紹介したところ、意外と大きな反響がありました。

Amazon輸出というと、主に「米国Amazonで出品して販売する」という手法が紹介されます。

そしてそれをより効率化するために、米国AmazonのFBAを利用する方法を紹介されるケースもあります。

米国AmazonFBAのデメリットとは?

Amazon輸出で米国AmazonのFBAを利用することはもちろんメリットもありますが、デメリットもあります。

その一つが「商品の販売が米国Amazonに限定される」という欠点です。

もちろん、FBAのマルチチャネルと言うサービスを利用すれば、FBA倉庫にある商品をAmazon以外の場所に発送することもできます。

しかしその国内だけならまだしも、発送対象が世界となると、事実上不可能です。

急増するAmazon輸出ライバルを出し抜くための基礎知識

Amazon輸出(=米国Amazon)は現在、日本からのライバルが急増しています。
そこで、Amazon輸出の本来のメリットである、「世界中のAmazonで販売する」という戦略について考えてみたいと思います。

まず、Amazonは世界でどのように展開されているかを知る必要があります。
世界のAmazonは、実は以下の6グループに分けられます。

  1. 米国Amazon
  2. カナダAmazon
  3. 欧州Amazon(英国、フランス、、スペイン、ドイツ)
  4. 日本Amazon
  5. 中国Amazon
  6. 準備中のAmazon

例えば欧州Amazonは、英国、フランス、イタリア、スペイン、ドイツの5つのAmazonから成り立っています。

そしてそれは、出店者側からすると、「Amazon Services Europe」という1つのサービスにまとめられています。

余談ですが、この5つのAmazonが集結した欧州Amazonを詳しく見てみると、将来導入されると噂させる「グローバルFBA」を予感させるものがあります。

準備中のAmazonには、「インドAmazon(junglee)」があります。
もちろん、まだ公表されてないその他の国にも、Amazonは着々と計画を進めているはずです。

Amazon輸出の、ライバルに知られたくない新戦略について解説しています。

Amazon輸出に米国Amazonを利用する戦略

「Amazon輸出」と聞いて、ほとんどのせどらーが「米国Amazon」を真っ先に連想すると思います。

今現在では、Amazon輸出=米国Amazonと言ってもいいと思います。

Amazon輸出実践者にとって、比較的身近に感じ、英語という言語でのコミュニケーションが可能で、顧客数も多い米国Amazonに目が向くのは当然ですね。

日本のネット人口は約9,000万人、米国は2億5,000万人と言われているので、約3倍の市場規模で販売できます。

Amazon輸出に会社設立、法人口座は必要か?

日本から米国Amazonに出品する場合、米国国内で会社を設立し、米国国内で法人用の銀行口座を開く必要がある、という説明を聞くことがあります。

現状で、この解釈はある意味正しく、ある意味正しくないと言えます。
この点については、こちらで詳しく解説してあります。

ここで紹介しているとおり、Amazon輸出の会社設立と法人口座の現実的な解決策としては、

  1. 米国、、フランス、ドイツ、またはオーストリアで個人口座を開き、米国Amazonからの報酬を受け取る
  2. Amazon輸出が本格的なビジネスになると判断できたら、最適な方法を検討する

ということになります。

Amazon輸出にFBAを利用するべきか?

なお、Amazon輸出に米国Amazonのみを利用する場合はFBAと言うサービスを利用してもいいですが、世界のAmazonで販売したい場合、FBAの利用は避けます。

FBAは、あなたの商品をAmazonの倉庫に預けることになりますので、世界中のAmazonから注文が来た時に対応できなくなります。

FBAを利用しないことで、むしろ「無在庫販売」と「世界中のAmazonでの販売」という可能性が広がります。

無在庫販売にはデメリットもありますので、諸手を上げて「無在庫ばんざい!」という訳にはいかないのですが、それでも長所と短所を理解すれば、無在庫販売は強力な戦略の1つになります。

Amazon輸出の、ライバルに知られたくない新戦略について解説しています。

Amazon輸出に米国Amazonを利用する戦略

「Amazon輸出」と聞いて、ほとんどのせどらーが「米国Amazon」を真っ先に連想すると思います。

今現在では、Amazon輸出=米国Amazonと言ってもいいと思います。

Amazon輸出実践者にとって、比較的身近に感じ、英語という言語でのコミュニケーションが可能で、顧客数も多い米国Amazonに目が向くのは当然ですね。

日本のネット人口は約9,000万人、米国は2億5,000万人と言われているので、約3倍の市場規模で販売できます。

Amazon輸出に会社設立、法人口座は必要か?

日本から米国Amazonに出品する場合、米国国内で会社を設立し、米国国内で法人用の銀行口座を開く必要がある、という説明を聞くことがあります。

現状で、この解釈はある意味正しく、ある意味正しくないと言えます。
この点については、こちらで詳しく解説してあります。

ここで紹介しているとおり、Amazon輸出の会社設立と法人口座の現実的な解決策としては、

  1. 米国、イギリス、フランス、ドイツ、またはオーストリアで個人口座を開き、米国Amazonからの報酬を受け取る
  2. Amazon輸出が本格的なビジネスになると判断できたら、最適な方法を検討する

ということになります。

Amazon輸出にFBAを利用するべきか?

なお、Amazon輸出に米国Amazonのみを利用する場合はFBAと言うサービスを利用してもいいですが、世界のAmazonで販売したい場合、FBAの利用は避けます。

FBAは、あなたの商品をAmazonの倉庫に預けることになりますので、世界中のAmazonから注文が来た時に対応できなくなります。

FBAを利用しないことで、むしろ「無在庫販売」と「世界中のAmazonでの販売」という可能性が広がります。

無在庫販売にはデメリットもありますので、諸手を上げて「無在庫ばんざい!」という訳にはいかないのですが、それでも長所と短所を理解すれば、無在庫販売は強力な戦略の1つになります。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。