no

日本破綻 ギリシャ国債CDSの誤りでしたm(__)m


ギリシャ国債CFDは「CDS」の誤りでした

2012年2月度の音声セミナーでお話しした、ギリシャ国債CFDは「ギリシャ国債CDS」の誤りでした。

訂正します。すみませんでしたm(__)m

国債CDS(クレジット・デフォルト・スワップ)とは?

国債が破綻した時に儲かる国債CDS(クレジット・デフォルト・スワップ)。

国債のクレジット(信用取引)がデフォルト(債務不履行)になった時にスワップ(交換=儲かる)ということですね。

■ヘッジファンドがある国の国債CDSを大量購入することにより、「あの国は危ないのでは?」という懸念が広がる事によって、国債CDSは値上がりします。

ヘッジファンドは、国債CDSを値上がりしたその時に売っても儲かりますし、実際にその国の国債が破綻した後に売って大儲けをすることもできるというわけです。

もちろん、ヘッジファンドだけでなく、CDSはあなたも購入することができます。

「オレたちは破綻していない」で困ったCDS

ギリシャ国債は事実上破綻しているにもかかわらず、ギリシャ政府が「オレたちは破綻なんてしていない!」と言い張っているため、CDSが発動されない、という困った事態が発生していますw

最終的にギリシャ政府が国債破綻を認めるか、認めなくてもCDSが(ある程度)発動されるかのどちらかになる様相です。

■予定通りCDSが発動されてヘッジファンドに巨額の支払いが行われたとしても、こういったことがあると、国債デフォルトのリスク対策として人気のCDSも、「買っておけば安心」というわけには行かなくなりますね。

ちなみに、日本国債のCDSチャートはこちらから確認できます。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。