輸出ビジネスの成功ステップ(1/4) ライバルを知る

■eBayでは、この問題は永遠に解決できません。
しかし、ネットショップを使った輸出ビジネスであれば、リスクを回避する方法はいくつも用意されています。

eBayの限界は、Amazonやヤフオクでも全く同じです。

高い手数料を払いながら常に評価を気にし、「明日はアカウント停止か?」とビクビクしながらのビジネスは精神的にもよくなく、長く続けるのは難しいと思います。

最近輸出用ネットショップの質問が多いのは、こういったことに皆が気づき始めているからだと思います。

輸出ビジネス 英語問題はほぼ解決?

輸出ビジネスはメリットばかりです。
デメリットといえば、英語くらいでしょう。

しかしその唯一のハードルといえる英語問題もほぼ解決しています。

■Googleなどに代表される自動翻訳機能の向上、誰でも簡単に作れる英語版ネットショップサービス、200文字が160円という脅威の低価格翻訳サービスなどで克服できる環境が整っています。

世界の格安翻訳サービスなら、200文字は160円で翻訳可能です。
毎日利用したとしても160円x30日=月4800円でという破格の安さです。

しかも英語や中国語、ロシア語など47言語に対応しているという凄まじさで、利用者は年々増加しています。

■英語を含めた外国語については「少しのお金」でなんとかなる時代になりました。

様々あるネットビジネスの中でも数少ない成長分野で、日本に住んでいることのメリットを最大限に活かすことができる、それが輸出ビジネスです。

<次の記事へ続く…>