no

「Amazon輸出で稼ぐ!」という情報商材は買ってはいけない、ということですが、そんな情報商材はまだどこにも売られていませんw

なので、買いたくても買えないのですが、多分今から6ヶ月後、1年後には誰かが売り出すと思います。

なので、これは今から6ヶ月以後に起こる事の予測です。

■タイトルは、「Amazon輸出で稼ぐ!」、3回のメールサポートがついて価格は14,800円です。

ASPを使ってアフィリエイターを大量に動員し、インフォトップの売上ベスト3位以内に入っているでしょうね。

その内容は、アメリカAmazonの登録方法から出品方法、店名の付け方から商品説明文の書き方、日本からの商品の出荷方法などが書かれているはずです。

■2012年、せどらーの間でAmazon輸出が大ブームになると思います。

それに乗じて「Amazon輸出で稼ぐ!」という情報商材を誰かが販売するはずですが、それは買ってはいけませんw

なぜなら、その情報商材には、最も重要な「Amazon輸出のリスク」について書かれていないからです。

そんなことを書いたらその情報商材は売れません。
だからリスクについては書かれていません。

■Amazon輸出は、確かに魅力的なビジネスの1つです。
今までうまく稼げなかったせどらーも、簡単に稼げそうな感じがします。

しかし、Amazon輸出は、それほど大きく稼げるジャンルではありません。
20万円程度は稼げますが、それ以上にはなりません。

月収20万円以上稼ごうと思ったら、自分以外のスタッフや在庫を保管するスペースなどが必要になります。

これは固定費がかかりすぎる危険なビジネスの第一歩です。

■特に、「eBay輸出で稼げなかったから、なんとかAmazon輸出で挽回したい」と考えるせどらーが、安易にAmazon輸出に手を出す場合は要注意です。

eBay輸出で稼げない人は、輸出ビジネスの本質を理解していない人です。
理解しないままAmazon輸出に手を出しても、忙しくて儲からないビジネスが1つ増えるだけです。

さらに、Amazon輸出は3年後に消える可能性があります。
Amazon輸出を根底から揺るがす新サービスが次に控えているからです。
(参照「Amazon輸出は3年後に消える?その破壊的な新サービスとは?」)

■でも、「Amazon輸出で稼ぐ!」という情報商材は売れてしまうんでしょうねw

*「知らないでは済まされないAmazon輸出の3つのリスク」等は毎月の音声セミナー、会員メール相談にて詳しくご説明しています。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。