Amazon輸出に必須の「メール共有管理ソフト」とは?

Amazon輸出に必須の「メール共有管理ソフト」とは?

GmailではAmazon輸出のメールを管理できない!

Amazon輸出実践者であるあなたは、いつもどのようなメールソフトを利用しているでしょうか。おそらくほとんどの人が無料で利用できるGoogleのGmailやマイクロソフトOUTLOOK、Becky!などの一般的な電子メールソフトを利用していると思います。

、ヤフオク転売、せどり、メルカリなどの物販ビジネスをしていると、売上が増えるほどお客様とのメールでの対応が煩雑になっていきます。事務所には複数のスタッフが配置されたり、遠隔地にいる在宅のスタッフに作業を手伝ってもらうことも多くなります。

毎日増え続けるメールでの問い合わせに効率的に対応するには、GmailやOUTLOOK、Becky!などの一般的な電子メールソフトでは不可能です。

そこで登場するのが「メール共有管理ソフト」です。

Amazon輸出に必須! 「メール共有管理ソフト」とは?

例えばお客様からの問い合わせがあった場合に、複数いるスタッフの誰がそれに回答するのか、あるいはもう誰かが既に回答しているのか、まだ誰も回答していない放置されている問い合わせメールが残っていないかなどが、「メール共有管理ソフト」を利用することで一目でわかるようになります。またさまざまな問い合わせに回答する際のテンプレートなどもあらかじめ多数登録しておくことができます。

メール共有管理ソフトは、複数のスタッフでひとつのメールボックスを共有でき、毎日たくさん送られてくる問い合わせや相談メールメールを効率的に管理できるツールというわけです。

私が長年利用しているメール共有管理ソフトは「メールディーラー」です。

Amazon輸出に必須の「メール共有管理ソフト」とは?

GoogleのGmailは2008年1月から日本でサービスを提供し始めました。私はそれ以前からメールディーラーを利用していますが、Gmailが登場した時の衝撃は今でもよく覚えています。無料で使い放題のGmailを利用すれば、有料のメールディーラーを利用しなくても良くなると喜んでいました。そしてメールディーラーは数年のうちになくなってしまうと思っていました。

ところがそれから10年近く経った今でも、メール共有管理ソフトとしてGoogleのGmailはメールディーラーの機能には全く及びません。

とにかく、もしあなたが複数のスタッフによるメール共有や多数の問い合わせメールに毎日頭を悩ませているなら、メールディーラーのようなメール共有管理ソフトを利用すればすべて解決するでしょう。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。