フィリピンは世界最強の移住先!(2)


フィリピンは世界最強の移住先!(2)

そもそも、なぜ海外移住が必須なのでしょうか。それはやはり、日本経済の先行きに不安があるからです。日本は超高齢化社会と少子化社会というダブルパンチ状態で、さらに人口は減り続けていますが、国の借金は1000兆円を越えて膨らみつづけています。財務省は、国民の借金はひとり当たり800万円以上だと発表しています。ですから、日本を離れて別の国の永住権を持っておけば、日本がいざとなった時に色々なことができるのではないかと思っているわけです。

日本の資産は300兆円あるから大丈夫!?

ところで、日本の借金が1000兆円以上あると言うと、「日本の資産は300兆円(あるいは500兆円)以上ある」とか、「日本政府が自分で1000兆円分のお札を刷れば借金はチャラになる」という反論が返ってくることがあります。

しかし日本の資産300兆円のほとんどはアメリカ国債、国の文化財、土地建物、海外資産などです。例えばアメリカ国債は売れません。過去にアメリカ国債を売ろうとした竹下登元首相がひどい目に遭ったことは、さまざまな書籍を調べれば詳しく解説されています。

また、例えば法隆寺に保管されている貴重な仏像とか、国立美術館に展示されているロダンの考える人の像、あるいは国道一号線や国立国会図書館、東京大学、日本銀行の建物、皇居などの「土地建物」が日本の資産です。

日本政府が作った借金を返すために国道一号線や皇居を外国人に売却することなどできるでしょうか? 「日本の資産は300兆円」はこういった実際には売れないものが対象になっているわけです。いざとなった時に売れなければ資産とは言えないでしょう。

日本政府が自分で1000兆円分のお札を刷れば借金はチャラになる!?

また「日本政府が自分で1000兆円分のお札を刷れば借金はチャラになる」という反論もあります。実際、戦後の日本が莫大な借金を返すためお札を刷ってチャラにしようとしたことがあります。このとき何が起こったかと言えば「空前のハイパーインフレ」です。一度ハイパーインフレが起これば、国民の生活は大混乱となります。

そもそも、なぜ世界中の国は自分でお札を刷って財政をラクにしようとしないのでしょうか。例えば世界のどこかに「●×国」という国があったとします。この「●×国」は、資源もなく財政も厳しく、街にはホームレスがあふれて、毎年飢餓で何百万人の人たちが犠牲になっているとします。「●×国」は自分でお金を刷ることができるので、政府が1000兆円分のお金を刷れば、一瞬でこの深刻な経済状況を打破することができるはずです。

世界中には、財政的に深刻な国や、発展途上国のまま抜け出せずに苦しんでいる国がたくさんあります。ギリシャ、ブラジル、ジンバブエ、ナイジェリア、シリア、イスラエル、、中国……挙げればきりがないでしょう。世界中の国々が自分たちの通貨を作ってそれを大量に刷れば、一日で経済大国になることができます。

しかしそれをしないのは、そんなことをしたら自分たちの通貨の価値がなくなり、ハイパーインフレで国の経済と生活が大混乱になるからです。

ですから、「日本政府が自分で1000兆円分のお札を刷れば借金はチャラになる」という反論は机上の空論です。

「日本国民一人当たりの借金が800万円以上」 それは国民の借金ではなく国民の資産だ!?

また、日本国民一人当たりの借金が800万円以上になったという話をすると、「実際には国民が国に貸しているお金なので、それは国民の借金ではなく国民の資産だ」という反論が返ってくることがあります。

しかしこれも冷静に考えてみればおかしな反論です。例えばあなたが近所に住んでいる人に800万円のお金を貸していると想像してみてください。確かにこれはあなたが貸しているお金なのであなたの資産です。しかしそれは、無事に返ってきたらの話です。その近所の人は、あなただけではなくあなたの両親やあなたの子ども、あなたの親戚からもそれぞれ800万円ずつの借金をしていることがわかりました。さらにびっくりすることに、その人はあなたやあなたの親類だけではなく、日本国民全員からそれぞれ800万円以上の借金をしていることがわかりました。さらに驚くべきことに、その借金を20年以上にわたって1円も返さず、現在も借金を膨らませているという事実が発覚しました。

このときあなたは、あなたの資産である800万円が無事に返ってくると本当に思いますか?

確かに国民一人当たりの借金800万円というのは間違っていて、国民が国に貸しているお金という意味では国民の資産ということになるのですが、それは無事に返ってきたらの話です。貸している800万円が返ってこなければ、あなたは800万円損をすることになるのです。国民の借金とか資産とかそういう問題ではなく、あなたの800万円が返ってくるかどうかが問題なのです。

日本政府はこの1000兆円以上の借金をなんとか返さずに済ませる方法を画策していますw 国債のデフォルトを引き起こしたり、意図的にハイパーインフレを起こして借金をチャラにしようとするかもしれません。そうなれば、あなたの800万円は返ってこないことになるわけです。「国に800万円を貸しているから国民の資産だ」などとのんきなことを言っている場合ではないのですw

要するに、こういったのっぴきならない状態が日本の現状なので、私は海外に移住することを決めました。そしてたくさんの国を比較したところ、フィリピンが最適だと判断したので、いまフィリピンにいるというわけです。

日本破綻はアマゾン輸出で巨万の富を得る千載一遇の大チャンス! 財政破綻をチャンスに変える「たった1つの方法」とは? 日本破綻はAmazon輸出で巨万の富を築く千載一遇の大チャンス!

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。