ヤフオク フリマ ツールを作って大儲けする方法を大公開!(2) 中古カメラ転売編

 

ヤフオク フリマ ツールを作って大儲けする方法を大公開!(2) 中古カメラ転売編

日本は中古カメラ転売天国!

前回までは、ヤフオクフリマツールを作ってでっかく儲ける具体的な流れについて解説しました。この情報を元に、今年の夏頃から、ヤフオクフリマツールが公開され始めるはずです。

今回はさらに絞り込んで、ヤフオクフリマツールを使って中古カメラで稼ぐ方法について解説していきます。

中古カメラは、せどり・転売をする人の中でも、人気のあるカテゴリーです。せどりや転売ビジネスの対象になるカテゴリーとしては、中古DVD、ヴィンテージ映画ポスター、中古レコード、フィギュア、中古家電など、様々なものがあります。しかし、そもそも単価の安い商品を転売しても、あまり大きな利益にはなりません。その点、中古カメラは1つ1つの商品が高額で取引されるケースが多く、1つの商品を販売するだけで大きな利益を得ることができます。

カメラに興味のない人にとってみれば意外かもしれませんが、日本はカメラ天国です。そもそもカメラは趣味やホビーとして扱われるので、それが流通するためにはその国が経済的に発展しているという条件が前提となります。例えば発展途上国や新興国などでは趣味やホビーにお金を使う余裕はあまりありませんから、カメラ市場が形成されにくい環境にあります。

ところが日本は世界有数の経済大国であり、それは戦後すぐから今まで数十年にわたって続いてきました。特に1980年代後半のバブル期には、高額なカメラが海外から大量に輸入されたり、国内で盛んに取引されていたと言われています。

このような理由で日本はカメラ天国であり、使われていないお宝カメラが押入れに眠っていたり、ヤフオクなどで大量に出品されていたりします。

ヤフオク フリマ ツールを作って大儲けする方法を大公開!(2) 中古カメラ転売編

ヤフオクフリマツールと中古カメラ転売は相性が抜群!

中古カメラの転売は、主にカメラのキタムラという店舗で仕入れて、ヤフオクで出品するという手法が王道です。Amazonやメルカリ、eBayなどでも中古カメラを出品して販売することができますが、統計データなどを参考にすると、中古カメラの出品・販売として最適なのは「ヤフオク」ということになります。

今回ヤフオクのフリマツールを作って儲ける方法を紹介している理由は、中古カメラがヤフオクのフリマツールと相性がいいからです。

ではどうやってヤフオクフリマツールを使って中古カメラ市場で儲ければいいでしょうか。今回は、ヤフオクフリマで自分で中古カメラを転売するのではなく、ヤフオクフリマで中古カメラを転売したい人にツールや情報、ノウハウを提供して儲ける方法を解説しています。

ヤフオクにフリマ機能が実装されると、それを利用して中古カメラを出品したり、落札する人が増えると予想できます。ですから今回のフリマツールも、ヤフオクのフリマを利用し始めた中古カメラ出品者や転売ヤーを対象にしてツールを提供していけばいいわけです。

具体的には、中古カメラ転売に最適化したヤフオクフリマツールを作って提供したり、ヤフオクフリマでよく出品されている中古カメラの傾向であるとか、落札の金額、出品されやすい時間帯や落札されやすい時間帯の統計データ、ライバル出品者の動向、同じ商品を出品している出品数、人気の中古カメラメーカーのデータ、などを揃えて情報として販売することもできるでしょう。

また、例えば「カメラのキタムラ ネット中古」サイトと「ヤフオクフリマ」で出品されている中古カメラの価格を比較したり、あるいはeBayやAmazonで出品されている中古カメラとヤフオクフリマで出品されている中古カメラの価格を比較するなどのツールを作ればいいわけです。

日本では中古カメラ転売の市場が整っていますので、それに伴って中古カメラ転売ビジネスのノウハウを解説した情報商材や、中古カメラ転売塾などもたくさんあります。こういった「中古カメラ転売」専門の情報商材販売者や、中古カメラ転売塾に話を持ち込んで、「中古カメラ転売に特化したヤフオクフリマツールを作るので、一緒にビジネスしませんか?」などと持ちかけることもできます。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。