人工知能にAmazon関連の記事を書いてもらったら衝撃の結果が!

人工知能にAmazon関連の記事を書いてもらったら衝撃の結果が!

Amazonが、地下トンネルシステム特許取得というニュースが話題になっています。特許内容によると、地下に建設した真空チューブやコンベアベルトでAmazonの配送センターと利用者の家を結んで配送するシステムだそうです。

Amazonが、地下トンネルシステム特許取得

http://europe.newsweek.com/amazon-patent-tunnel-underground-subterranean-delivery-system-538821?rm=eu

特許の全文はこちら

この「」の話題で1つのブログ記事を書こうと思ったのですが、何もいいアイデアが思いつきませんでした(笑)「地下トンネルは東京では無理」というのは当たり前すぎますし、「これはAmazonが世界征服に必須の次世代の極秘テクノロジーだ」ではウソが見え見えです。

日々の苦行を打破する「人工知能による記事執筆」サービスとは?

そこで、悩んだあげく、以前から気になっていた「あること」を実行に移すことにしました。つまり「いま注目の人工知能に、Amazon地下トンネルシステム関連のニュース記事を書いてもらう」ことです。

このサイトのブログ記事を書いていると、時々「誰か他の人が記事を書いてくれないかな」と思うことがあります。DeNAの「WELQ(ウェルク)」問題で暴露されてしまったように、ブログライターに依頼すれば、1文字0.5円(1つの記事で約500円)程度で記事を書いてもらうことができます。かといって、Amazon輸出に詳しくなければ、結局その記事はムダになってしまい、最初から自分で書き直さなければならなくなることは目に見えています。ですから現状では、当サイトのブログ記事は自分で一文字一文字執筆しなければならないわけです(汗)

この苦行のような毎日を打破するには、もはや「人工知能による自動執筆」しかありません。ですから、「Amazon地下トンネルシステム」での記事執筆を断念した機会に、「人工知能によるAmazon関連ニュースの自動執筆」を試してみようと思ったわけです。

とはいえ、人工知能による記事の執筆は、英語版はありますが、日本語でのサービスはまだありません。したがって、まず英語で原稿を作ってもらい、それをGoogle翻訳で日本語にするという手順になります。

人工知能記事作成サービス「Articoolo」で、Amazon地下トンネルシステムに関するニュース記事の執筆を依頼してみる

利用するサイトは、人工知能による執筆で有名な「Articoolo」です。まず、Articooloのサイトを開き、人工知能に書いて欲しい記事のキーワードを入力します。今回は、「amazon tunnel delivery」(アマゾン トンネル デリバリー)としてみました。

▼「amazon tunnel delivery」で記事を書いて欲しいと依頼した後に、少し悩む人工知能

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

人工知能にAmazon関連の記事を書いてもらったよ♪

しばらくするとエラーが出て、「amazon tunnel deliveryでは記事が書けない。別のキーワードにしてくれ」と言ってきます。候補は「TUNNEL DELIVERY」と「AMAZON DELIVERY」の2つです。しかしどちらにも今回の話題の中心となる「Amazonとtunnel」の両キーワードが含まれていません。

いくつか他のキーワード候補も試しましたが、Amazonとtunnelに関連した記事は書けないと人工知能が言うので、仕方なく「AMAZON DELIVERY」を選びました。「CREATE」ボタンを押すと、進行状態が表示されます。

▼「amazon tunnel delivery」では記事が書けないので、「TUNNEL DELIVERY」か「AMAZON DELIVERY」にしてくれと要求する人工知能

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

人工知能にAmazon関連の記事を書いてもらったよ♪

▼「AMAZON DELIVERY」を選択し「CREATE」ボタンを押すと記事を執筆し始める人工知能

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

人工知能にAmazon関連の記事を書いてもらったよ♪

そしておよそ5分後に、人工知能が書き上げた「AMAZON DELIVERY」に関するニュース記事ができあがりました!

Articoolo」人工知能によるAmazonニュースの自動執筆(英語原文)

さて、肝心の内容を見てみましょう。まず、これが英語の原文です。

タイトル「AMAZON DELIVERY」

Remember that there are other vendors there also. Choose an excellent display name whenever you first set the Amazon account up. Your display name is the company name when selling on Amazon, which reveals on top of the list when buyers search for products. This may be your real name, or a made-up business name. Amazon Marketplace buyers have a tendency to prefer professional- sounding business names as opposed to personal names. Try and include something which tells buyers why they need to select you as opposed to merely a pointless name. For instance FastBargainDVD could be a wise idea if you are selling DVDs.

Don’t forget, if you’ve an account on Amazon which you have used for purchasing the name may not be perfect for selling – therefore change it or open a brand new account. Take benefit of the option to add extra info to your listing. Remember you may add up to 2, 000 characters of Comments to your listing. Give buyers numerous reasons why they need to purchase from you as opposed to anyone else. Remember, Amazon buyers are hot on merchandise condition and good service. Oddly, it can be an edge to identify new items as used’. This pulls in buyers trying to find a bargain since they’ll look at the used listings for an item before the new ones – always if there is little difference in the newest and used costs.

Clearly, it only functions if you really can afford to sell your merchandise for much less than the suggested retail price. It is also not this type of wise idea if your item is probably to be purchased as a present. As with selling anyplace competitive pricing gives you an edge. It’s especially important when selling with Amazon because ads are presented to buyers in price order, cheapest first – unlike where they’re sorted by listing age. So it’s a big benefit to get your list on top of the page. Occasionally cutting your cost just by a few pence may get you on top of the page.

If you cannot price at the lowest price attempt to select a cost which gets you inside the top 3 listings. In addition try and give numerous reasons why they should however purchase from you in a higher cost, i.e. You do fast delivery or the item is in really good state. If you’re the only seller it is still worth pricing competitively. This may discourage other potential sellers to come in and undercutting you.

(422文字)

 

Articoolo」人工知能によるAmazonニュースの自動執筆(日本語翻訳)

そして、これをグーグルの翻訳で日本語にしてみます。

タイトル【アマゾン配送】

そこには他のベンダーもいることを忘れないでください。最初にAmazonアカウントを設定するときは、優れた表示名を選択してください。あなたの表示名は、Amazonで販売するときの会社名です。購入者が商品を検索するときには、リストの一番上に表示されます。これはあなたの本当の名前、またはメイクアップされたビジネス名かもしれません。 Amazonマーケットプレイスのバイヤーは、個人名とは対照的に、プロフェッショナルなビジネス名を好む傾向があります。バイヤーに、なぜ無意味な名前ではなく、あなたを選ぶ必要があるのか??を伝えるようなことを試してみてください。 DVDを販売している場合、例えばFastBargainDVDは賢明な考えです。

購入に使用したアマゾンのアカウントを販売するのには完璧ではないかもしれないので、それを変更するか、まったく新しいアカウントを開くことを忘れないでください。リストに追加情報を追加するオプションを利用してください。あなたのコメントに最大2,000文字を追加することができます。購入者に、他の誰とは違ってあなたから購入する必要がある多くの理由を与えます。覚えておいて、Amazonのバイヤーは商品の状態と良いサービスに熱心です。奇妙なことに、それは新しいアイテムを特定するエッジになる可能性があります。これは、買い手が新しい商品の前に商品の中古商品を見ることになるため、常に最新の商品と使用されている商品との差異がほとんどないため、取引を見つけることになります。

明らかに、それはあなたが実際に提案された小売価格よりずっと少ないためにあなたの商品を販売する余裕がある場合にのみ機能します。あなたの商品がおそらくプレゼントとして購入されるのであれば、このタイプの賢明なアイデアでもありません。どこでも販売するように競争力のある価格設定はあなたに優位性を与えます。 Amazonが販売する際に特に重要なのは、広告が価格順に安い順に提示されるからです。eBayとは異なり、リストの年齢順にソートされています。だから、ページの上にあなたのリストを得ることは大きな利点です。場合によっては数ペンスだけでコストを削減すると、ページ上部に表示されることがあります。

あなたが最低価格で値段をつけることができないなら、トップ3のリストの中に入るコストを選択しようとします。また、より高いコストで購入する必要があるさまざまな理由を試してみてください。つまり、速い配達をしたり、商品が本当に良い状態になったりします。あなたが唯一の売り手なら、それは競争力のある価格設定に値する価値があります。これは、他の潜在的な売り手があなたのところに来て下落するのを妨げる可能性があります。

(1,108文字)

……。何を言いたいのか、意味が分かりません(^^ゞ Amazon地下トンネルシステムとは何の関係もないことだけは分かります。

ちなみに「」では一番安いコースで1記事約100円です。缶コーヒー1杯分ソンした気分です。

始めに「amazon tunnel delivery」のキーワードが拒否されて、否応なく「AMAZON DELIVERY」になったところからいやな予感がしていました^^;

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。