「ロシア恐怖症」の洗脳を解けばロシア輸出の先駆者になれる!

「ロシア恐怖症」の洗脳を解けばロシア輸出の先駆者になれる!

「ロシア恐怖症」の洗脳を解けばロシア輸出の先駆者になれる!

1年ほど前から「今後はロシア輸出に注目」とご案内してきました。それがいよいよ現実になりつつあります。

ところで、日本人は「ロシア」に対して、あまりいい印象を持っていないと思います。あなたも「ロシア」と聞くと、怖い、裏がある、スパイやハッカーがたくさんいる暗黒国家、のようなイメージを浮かべるのではないでしょうか?

実は、ロシア人は親日派がとても多いと言われています。プーチン大統領も柔道の愛好家で有段者であることが知られています。日本人と結婚したいと思っているロシア人女性はとても多いそうです。実際にロシアに渡った日本人男性たちは、現地のロシア人からモテモテです(笑)

日本人の「ロシア恐怖症」はアメリカによる洗脳

ところが、日本人はロシアに対して、全く反対の印象を持っています。

おそらくこれは、戦後のマスコミによる印象操作(洗脳)の影響だと思います。日本のマスコミが「ロシアは怖い」、「ロシアは信用してはいけない」、「プーチンは悪い政治家」などの情報を機会があるごとに発信してきたので、日本人は「ロシア恐怖症」という洗脳状態にあるわけです。

そしてその「日本人をロシア恐怖症にする」という洗脳は、アメリカの指図によるものです。

アメリカは日本の政治やマスコミを陰で操っています。それは、今回のアメリカ大統領選挙でもよく分かります。クリントンを勝たせたかった今のアメリカ政府が、まずアメリカのマスコミで「クリントン有利」「トランプ不利」と報道し続け、そして日本のマスコミもアメリカに右へならえで「クリントン有利」を報道し続けました。

日本のマスコミが、自ら足を使って調べた情報を発信するのではなく、アメリカに指図された情報をそのまま発信している証拠です。これは、日本のマスコミがアメリカに牛耳られていることを意味しています。アメリカ人も日本人も、誰もが「クリントンが大統領になりそうだ」と考えていたのは、こうしたマスコミの影響です。

要するに、アメリカは日本とロシアが仲良くなることに神経をとがらせていて、あらゆる手段を使ってそれを妨害しようとしているわけです。

「ロシア恐怖症」の洗脳を解けば、ロシア輸出の先駆者になれる!

さて、日露首脳会談で日本とロシアの歴史的な国交回復が実現すれば、いよいよ2017年からロシア輸出が現実化してきます。そして何かのきっかけで日本人の「ロシア恐怖症」の洗脳が解かれたとき、ロシア輸出ビジネスが本格化するでしょう。

どちらにしても、あなただけでも「ロシア恐怖症」という洗脳状態から脱しておいた方がいいでしょう。その他大勢の日本人がロシアが怖いと言ってロシア輸出をためらっている間に、あなたがロシア輸出の先駆者として儲けるチャンスをつかむことができるからです。

ロシアは「美人大国」です。そういった意味でも、いますぐ「ロシア恐怖症」という洗脳から脱した方がトクです(笑)

ロシアは美人大国

ロシアは美人大国