仕入れを安くする究極技「仕入れサイト」を作ろう(2)

仕入れを安くする究極技「仕入れサイト」を作ろう(2)

仕入れを安くする究極技「仕入れサイト」を作ろう(2)

せどり、Amazon輸入、Amazon輸出などの転売ビジネスは、できるだけ安く商品を仕入れ、できるだけ高く売って儲けるビジネスです。ですから「ライバルよりも安く」仕入れられれば、それだけ儲かります。

「中古カメラ買い取りサイト」の制作費用は30万円~60万円

「中古カメラ買い取りサイト」は、専門業者に依頼すると、おそらく30万円~60万円くらい請求されるはずです。

そこで、「商品を買い取るサイトを作ってしまおう」というわけです。
自分で作れば、制作日数は1日~3日、制作費用は1000円です。

「商品を買い取るサイトを自作する」のは究極の仕入れ方法だと思いますが、ほとんどの人は商品を買い取るサイトを自分で作る具体的な手順を知りません。そこで、サイト制作の専門業者に依頼することになるのですが、見積金額はおそらく30万円~60万円くらいですから、それを見てほとんどの人はあきらめてしまうわけです。

しかもサイト制作の専門業者に依頼する場合、例えば「中古カメラ買い取りサイト」を作ったあと、別の「中古パソコン買い取りサイト」を作ろうとすると、さらに30万円~60万円かかります。「中古DVD買い取りサイト」を新しく作ろうとした場合、さらに30万円~60万円かかります。つまり「中古商品買い取りサイト」を作るたびに、1つのサイトにつき30万円~60万円かかってしまうわけです。

実際には1000円で作れる。そして2サイト目以降は0円で作れる「商品買い取りサイト」

私が「Amazon輸出 実践編」で詳しく解説した制作方法を参考にしていただければ、「商品を買い取るサイト」は誰でも簡単に作ることができます。制作日数は1日~3日程度、1つのサイト制作にかかる費用は1000円程度です。

そして、私の方法で作った「商品買い取りサイト」は、2サイト目以降の費用は0円になります。最初に作った買い取りサイトの制作費用は1000円かかりますが、2サイト目移行は何サイト作っても「0円」です。サイト制作の専門業者に依頼する場合、「中古商品買い取りサイト」を作るたびに、1つのサイトにつき30万円~60万円かかります。しかし自作すれば最初のサイトに1000円かかりますが、あとのサイトはいくら作っても0円です。この費用対効果を想像してみてください。ですから私は、「中古商品買い取りサイト」を自分で作ることをおすすめしているわけです。