ジェフ・ベゾス vs 宇宙人 生き残るのはどっちだ?

ジェフ・ベゾス vs 宇宙人 生き残るのはどっちだ?

ジェフ・ベゾス vs 宇宙人 生き残るのはどっちだ?

Blue Origin Getting Ready for Alien Invasion (ブルーオリジンは、エイリアン侵略のための準備をしている。)

[出典 : Blue Origin Getting Ready for Alien Invasion]
(ブルーオリジンは、エイリアン侵略のための準備をしている。)

お金持ちがさらにお金持ちになる秘密とは?

「ある人のガレージに、3億円の高級車が保管されている。その所有者が、いますぐ現金が欲しいので、この高級車を1億円で売りに出している。買わないか?」

これは、実際にあるお金持ちが受け取ったFAXの内容です。ある人のガレージに置かれている3億円の高級車が1億円で売りに出されている、という情報です。単純に計算して、それを1億円で買って3億円で転売すれば2億円儲かる、という儲け話です。「本人が3億円で売ればいいじゃないか」と思いますが、いろいろ事情があるのでしょう。

このようなお金儲けの話は、お金持ちのところにはどんどん舞い込んできます。例としてあげた3億円の高級車の話は、一般人には回ってこない情報です。売る方としても、一般人に公開するより、お金を持っていてすぐに買ってくれそうな人に情報を公開した方が効率的です。

つまり、お金持ちには「お金持ちにしか回ってこないお金儲けの情報」がどんどん入ってくるので、さらにお金持ちになる、というカラクリがあるわけです。一般人にこういったお金儲けの話が回ってくることはありません。これが、「お金持ちがさらにお金持ちになる秘密」です。

世界の大富豪には、「国家レベルの機密情報」が持ち込まれている!?

さて、Amazonの創業者ジェフ・ベゾスが、米国第2位のお金持ちになったというニュースを先日ご紹介しました。

そんなジェフ・ベゾスの元には、どれほどお金儲けの情報が持ち込まれているのでしょうか。先ほどの3億円の高級車の話などは、米国第2位のお金持ちからすれば、子どもだましのレベルでしょう。「道に10円玉が落ちているけど、拾わないか?」という程度の話です。もっとケタ外れの、数十億円、数百億円儲かる話が、毎日のようになだれ込んできているはずです。

さらに米国第2位のお金持ちともなれば、単純なお金儲けの話だけではなく、全く別次元の情報が持ち込まれているはずです。つまり、「国家レベルの機密情報」です。

たとえば、「地球温暖化というのは全部ウソで、地球は氷河期に突入した」とか、「宇宙人が地球侵略計画を実行に移した」とか、「このままいけば、30年後に人類は滅亡する」などの国家レベルの機密情報も、ジェフ・ベゾスの耳に入っていると考えるべきでしょう(笑)

なぜイーロン・マスクとジェフ・ベゾスは「宇宙開発」をしているのか?

たとえば、「宇宙人が地球侵略計画を実行に移した」とか、「このままいけば、30年後に人類は滅亡する」という情報が本当だったとしましょう。まずこのような情報は、NASA(アメリカ航空宇宙局)で分析され、その結果が米国のオバマ大統領に伝えられます。

「宇宙人襲来」、「人類滅亡」にあわてたオバマ大統領は、情報をまとめたNASAに、この危機を解決して欲しいと依頼するはずです。しかしNASAは、最近お金もないし、他にやることがたくさんあるので、「ちょっと…無理でしょ」といって断ります。NASAにお金がないなら予算を増やせばいいのですが、急にNASAの予算が増えたら、国民が不審に思います。そこでオバマ大統領は、緊急の課題を解決するため、世界の大富豪であるビル・ゲイツ、ウォーレン・バフェット、イーロン・マスク、そしてジェフ・ベゾスに国家レベルの機密情報を打ち明け、「人類の救世主になって欲しい」と依頼するわけです。

いろいろな事情があり、ビル・ゲイツとウォーレン・バフェットはこの依頼を断りました。そしてイーロン・マスクとジェフ・ベゾスが合意して「人類の救世主」として立ち上がった、というわけです。

実際イーロン・マスクは、ごく近い将来に人類を火星に移住させる計画を立て、実行しています。イーロン・マスクの火星計画で実際に移住できるのは、数十万人程度といわれています。SF映画などでは、宇宙人が地球に襲来したときに、人類の中から(医者、科学者、政府の要人などの)重要な人を数十万人選別して地下の基地に移住させるというシーンがよく出てきます。このイーロン・マスクの「人類火星移住計画」は、まさにSF映画によくある「襲来する宇宙人から選別された人類を守るための移住計画」そのものです(笑)

Amazon輸出で実績を出せば、火星に連れて行ってもらえる!

冒頭で紹介した記事では、Amazonの創業者ジェフ・ベゾスが実行している宇宙開発の一つ「BLUE ORIGIN」計画が、実は宇宙人襲来に対抗するためのものだと説明しています。

「BLUE ORIGIN TO LEAVE EARTH AND ESCAPE ALIEN INVASION (ブルー・オリジンは、地球から脱出し、エイリアンの侵略から逃れる)」

「Perhaps Bezos and friends know something we don’t.(ジェフ・ベゾスとその仲間は、私たちの知らない”何か”を知っている)」

私は、Amazon輸出の専門家として、ジェフ・ベゾスやイーロン・マスクに気に入られ、要人のひとりに加えてもらうことを目標にしています。あなたもAmazon輸出で月100万円稼げば、「未来の人類に必要な要人」となることができ、一緒に火星に行くことができるでしょう。