Amazon FBAの手数料値上げで海外セラーの対応

Amazon FBAの手数料値上げで海外セラーの対応■ Amazon FBAの手数料値上げで海外セラーの対応

Sellers who use Fulfillment by Amazon consider their options after a fee hike notice.

Retailer clients will pay more than double this holiday season to have their products in Amazon’s facilities, and that will force some to be more selective and strategic about how much inventory they ship and when.

FBAのセラーは、「Amazon FBAの手数料が値上げ」によって、他の手段を検討している。

「Amazon FBAの手数料が値上げ」によって、ホリデーシーズンに余計な手数料を負担することになる小売業者は、販売と出荷ついて、よりよい選択と戦略を必要としている。

(参照: Sellers who use Fulfillment by Amazon consider their options after a fee hike notice

「Amazon FBAの手数料の値上げ」については、Amazonが世界征服のために必要な経費であり、そもそもAmazon輸出の売上が上がっているのだからいいのでは、というのが私の意見です。

2006年に始まったFBAは、その後、驚異的な急成長を達成しています。
その急成長を維持するには、新たなFBA用倉庫の設立、数万人規模の倉庫スタッフの雇用、最新ロボットテクノロジーによる倉庫内作業の効率化、自ら多数の航空機を保有し、世界中の配送の効率化などが必要です。

ですからこのFBAの成長を維持するために、多少のFBAの手数料値上げはやむを得ないと思っています。

とは言っても、今回の FBAの手数料の値上げは10月という「)」に当たるので、海外では、このタイミングにAmazonの隠れた意図があるのではと邪推するAmazonセラーもいるようです。

では、海外のセラーは、今回のFBAの手数料の値上げに対して、どのように事業戦略を組み立てようとしているのでしょうか。

ここに書かれている記事では、「Amazonでの販売を減らす」、「他のサイトで売る」などの手法が紹介されています。もちろん、Amazon以外のサイトで売るのもFBAの手数料の値上げに対抗した有効な手段ですが、内容としてはちょっと薄い感じがしますね。

やはりおすすめは、中国の工場でオリジナルの商品を作ってAmazon米国のFBAで販売するか、ドロップシッピング戦略でしょう。これらはほとんどのAmazon輸出のライバルが気がついていない手法です。

どちらにしても、まずはFBAでどのような商品が売れているのか、Amazonの管理画面で各商品の売れ方などを統計的にチェックするところから始めるといいと思います。

※具体的なオリジナル商品のアイデア発想法、最新ドロップシッピング戦略などについては、メール相談、音声セミナー等で詳しくご説明しています。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。