Amazonによる小売店の破壊が加速

Amazonによる小売店の破壊が加速



Amazonによる小売店の破壊が加速■ Amazonによる小売店の破壊が加速

Retail store closings are at their highest level since 2010 – and the hemorrhaging has only just begun.

Just last week, The Post reported that Japanese fast-fashion darling Uniqlo had quietly shuttered five of its US locations since January.
(参照: Retailers are closing faster than you think

対訳

あなたが考えているより早く、小売店の閉鎖が加速している。小売店舗の閉鎖は、2010年以降最悪のペースで進んでいる。そしてそれは、まだ始まったばかりだ。先週、ザ・ポストは、日本のファッション業界の寵児であるユニクロが、1月以降、米国の5店舗を静かに閉鎖したことを伝えた。

Amazonなどのオンラインショップの影響で、想像以上に実店舗の閉鎖が加速している

Amazonなどのオンラインショップの影響で、バタバタと実店舗が閉鎖している、というニュースです。しかもそれは、私たちが考えているよりも早く、大きな影響を小売店舗に与えているということです。

特に冒頭で紹介されている、米国のユニクロの5店舗がひっそり閉鎖していたというニュースは、私も知りませんでした。その他にも、有名なブランド店などが次々と閉鎖に追い込まれているということです。

確かに日用品からブランド品、電化製品、食品まで、Amazonなら何でもそろいます。配達も早ければその日のうちに届きます。わざわざ出かけていって、重い荷物を運んで帰る必要もありません。

さらに今後は、倉庫のロボット化、ドローンによる配達、一般人に配達を手伝ってもらうなどして、Amazonの配送システムが強化されていくことになります。最近では中国から米国への直行便をシステム化したり、FedExやDHSのような世界規模の空輸システムを構築したりしています。Amazonによる小売店舗の破壊は、世界的規模でますます加速しそうです。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。