商品リサーチで使える専用サイトの自作方法

フレームを利用してブラウザーのウィンドウを左右に並べる
■まず、ここをクリックしてページを見て下さい

このページは、さっき私が2,3分で作ったページです。
左にヤフオク、右上はAmazon、右下はeBayになっています。

1つのページに3つのサイトが同時に表示されていますね。
ウィンドウを区切っているバーをマウスで移動すれば、それぞれのウィンドウの大きさを調整できます。

これは、「フレーム」というHTMLの機能を利用したものです。

■「フレーム」は、随分前からある便利な機能ですが、SEO対策に不利、つまりYahoo!やグーグルの検索に引っかかりにくいということで、現在はあまり利用されません。

ただ、例えばこのような商品リサーチ用サイトを個人で作るのであれば便利な機能です。

ついでに、こちらのサイトも見て下さい
これは、フレームを使って私が作った、英語勉強用ページです。

■さて、ページのソースを見てみます。
ソースとは、このページに書かれているHTMLの内容です。

<html>
<head>
<meta HTTP-EQUIV="Content-Type" CONTENT="text/html; charset=shift_jis">
<title>商品リサーチページを自作する</title>
</head>
<frameset cols="843,*">
<frame name="left" scrolling="yes" noresize target="rtop" src="http://auctions.yahoo.co.jp/">
<frameset rows="45%,*">
<frame name="rtop" target="rbottom" src="http://www.amazon.co.jp/">
<frame name="rbottom" src="http://www..com/">
</frameset>
<noframes>
<body>
<p>このページにはフレームが使用されていますが、お使いのブラウザではサポートされていません。</p>
</body>
</noframes>
</frameset>
</html>

たとえば、左のヤフオクをオークファンに変更したければ、http://auctions.yahoo.co.jp/の部分をオークファンのURLである「http://aucfan.com/」に変更します。
右の部分も、全く同じ要領で変更できます。

■今回は1ページを3分割していますが、2分割、4分割など自在です。
またウインドウの位置もカスタマイズできます。

慣れてしまえば、作るのは簡単です。
HTMLや簡単なホームページを作る練習にもなりますね。

こういったサイトを必要に応じて作っておくと、商品リサーチの効率が良くなりますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. せどリッシュ より:

    こういうhtml?の知識がないので自分用に使いやすいように
    どうやっていけばいいか試行錯誤の毎日です。

    確かに3つ同時に表示されれば効率化できそうですね。
    こういった知識を学ぶためにはどういった書籍、サイトがあるでしょうか?

    • せどり起業塾 より:

      せどリッシュさま
      こんにちは。コメントありがとうございます。

      > こういった知識を学ぶためにはどういった書籍、サイトがあるでしょうか?
      HTMLについて解説したサイトや書籍を読まれても、フレームについて書かれているのはほとんどないと思います。

      「フレーム」はSEO対策として不利なので、ホームページを作る際にはむしろ敬遠されています。
      ただ、今流行りのFacebookでページを作る際、このフレームを使うケースが増えているため、今後はフレームを解説するサイトや書籍も増えるかも知れませんね。