Amazon輸出ならダウンロード型ツールが有利な理由とは?

Amazon輸出ならダウンロード型ツールが有利な理由とは?

Amazon輸出ならダウンロード型ツールが有利な理由とは?

2015年以降、Amazon輸出ツールは、超低価格化・超高機能化が急速に進むでしょう。

ですので、今回もAmazon輸出ツールの話が続きます。

Amazon輸出のツールを探していると、あることに気がつくと思います。
それは、「ブラウザー型」か「インストール型」かです。

ブラウザー型とは、インターネットエクスプローラー、Firefox、グーグルクロームなどの、ブラウザーから利用できるツールです。

もう1つのインストール型は、あなたがいま使っているパソコンにインストールして利用するツールです。

2015年以降、Amazon輸出ツール同士の競争が激化し、超低価格化・超高機能化が進みます。

この時、「ブラウザー型」よりも「インストール型」の方が有利になると考えています。

なぜなら、プログラマーやシステム会社にとって、「ブラウザー型」よりも「インストール型」の方が、速く、安く、簡単に作れるからです。

いまネットで調べてみても、「ブラウザー型」よりも「インストール型」の方が広く普及していますが、裏にはそういった事情があるからです。

「インストール型」の方が安く、速く、簡単に作れるわけですから、「ブラウザー型」よりも低価格になり、高機能化されていきます。

もう1つあなたにとって重要な事は、「ブラウザー型」はWindowsとマックのどちらのパソコンでも利用できますが、「インストール型」はWindowsパソコンでしか利用できないということです。

もしあなたがマックを使っているなら、ツールの超低価格化・超高機能化の恩恵を受けることができなくなります。

「Amazon輸出 入門編」で紹介したように、Amazon輸出というビジネスをするならマックよりもWindowsパソコンが有利な理由は、こういったことにあるのです。

さて、次第に追い詰められていくことになる「ブラウザー型」のAmazon輸出ツール提供者は、次にどのような行動に出るでしょうか?
価格でも機能でも差を付けられていくブラウザー型のツール提供者が取れる行動は1つしかありません。

それは「ウソを付く」ということです(笑)

ブラウザー型のツール提供者がよく付くウソには3つあります。
「インストール型と比較して、ブラウザー型は機能が豊富で費用が安い」
「インストール型と比較して、ブラウザー型は個人情報が守られている」
「Amazonの規約違反ツールであることを隠す」
この3つです。

ウソ1:「インストール型と比較して、ブラウザー型は機能が豊富で費用が安い」
前述のとおり全く逆なのですが、ツールを使ったことのない人が読めば、何となくそうかなと納得してしまうでしょう。

ウソ2:「インストール型と比較して、ブラウザー型は個人情報が守られている」
出品している商品はもちろん、どれだけ売れたかや価格改定戦略まで、あなたの手の裏の全てがツール提供者に分かってしまうのですが、それはインストール型でもダウンロード型でも同じことです。

ウソ3:「Amazonの規約違反ツールであることを隠す」
この場合は、ウソを付くというよりも、本当のことを言わないということになります。

まずあなた自身が、どんなことが規約違反になるのかを知り、そういったツールから自分を守る方法を知っておく必要があります。