Amazon輸出の最新トレンド「レベル3」とは?

Amazon輸出はいま、3つ目のレベルに入ろうとしています。

Amazon輸出の3つのレベルとは、どういうものでしょうか?

【Amazon輸出のレベル1】
レベル1とは、まだAmazon輸出のノウハウがあまり公開されていなかった時期に参入してきた時期です。
先行者が利益を得やすかったのが特徴となります。

【Amazon輸出のレベル2】
レベル2とは、書籍、コンサルタント、塾、ツールが乱立し、初心者がそれを安易に利用している時期です。
ツールによる大量出品、知的所有権等に伴うアカウント停止、削除の危険性が増大しています。
費用がかかるという理由で、FBAは未開拓です。

【Amazon輸出のレベル3】
レベル3とは、少数の仲間同士で情報を共有します。
売れる商品情報が共有され、出品してはいけない危険な商品の情報も共有されます。
アカウント停止・削除リスクも大幅に軽減されます。
FBAも積極的に活用します。

初心者がAmazon輸出を始めようとした場合、いまはレベル2に殺到します(数年前まではレベル1に殺到していました)。
なぜなら、ネット等で発信されている「Amazon輸出で儲けたいならこちら!」というという広告は、ほぼ全てレベル2のものだからです。

それを尻目に、先頭を走っている人だけがレベル3に移り始めている、というのがAmazon輸出の現状です。

Amazon輸出を始めようとする初心者は、ネット等で配信される情報を元にレベル2からスタートします。
そして、そこから抜け出すことができないようです。

レベル2にいる人はレベル3の存在に気づくことさえできません。
しかし、レベル3にいる人はレベル2のことがよく見えています。

レベル2にいる人は、なぜ自分のAmazon輸出が思うようにうまくいかないのか、その理由を知ることができません。
安易に「無在庫で大量出品してラクに稼ぐ情報やツール」が最も稼げると頭から信じているので、それ以外の情報が見えなくなっているのです。

レベル2には定員がありませんが、レベル3には定員があります。
レベル3は少人数の仲間同士で最新情報を交換し合うので、もうこれ以上人数を増やさないと決めてしまったら、仲間に入れなくなるからです。

レベル2とレベル3の溝は想像以上に深いものです。
そして、この状態は少なくとも数年続くことになるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする